静岡の絶景スポット

Pocket

「静岡(しずおか)県」は太平洋側に面した中部地方の県。県庁所在地は静岡市。東京からは東海道新幹線や東名道が通じておりアクセスはよい。東西に長く、温暖な伊豆半島から山がちな北部まで自然環境は多様。

「富士山」のお膝元で、周辺には「三保松原」や「香嵐渓」、「朝霧高原」に代表される多くの名所がある。コバルトブルーの湖が美しい「夢の吊橋」や湖の上の秘境駅「奥大井湖上駅」など絶景スポットとして知られている。

1,富士山

富士山は静岡県と山梨県にまたがる日本一高い山。標高3776。周囲に他の山がない独立峰であり、その優美な山容により古くから信仰の対象として崇められ、海外でも日本の象徴としてよく知られている。2013年には世界文化遺産への登録を果たした。

2,夢の吊橋

夢の吊橋は静岡県の景勝地、寸又峡にある吊り橋。鮮やかなエメラルドグリーンの湖水が神秘的な大間ダム湖に架けられており、周囲の渓谷とあいまってすばらしい景観をつくり出している。

橋は長さ90m、高さ8m、一度に10人しか渡ることが出来ない。板のすき間から下の湖面が見え、しかも揺れるということもあってスリル満点。吊り橋の真ん中で恋の成就を願うと、その願いが叶うといわれていて、カップルの名所ともなっている。

世界的旅行口コミサイトTripadvisorの「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋10選」で10位に選ばれた。

3,奥大井湖上駅

奥大井湖上駅は静岡県の中央部、川根本町にある大井川鐵道井川線の駅。1日10本ほどトロッコ列車が走る。

長島ダムのダム湖に突き出た半島状の場所にあり、両側を「奥大井レインボーブリッジ」によって結ばれているため、まるで湖上に浮いているように見える。

その光景はテレビ番組の「日本の不思議な駅」第1位に選ばれたことも。橋は徒歩での通行が可能で、自然の中で赤い橋と緑色の湖を満喫しながらの散歩も楽しめる。

4,中田島砂丘

地元にある、日本三大砂丘のひとつ・中田島砂丘へ、絶景を探しに毎年5月には浜松祭りの凧揚げ会場となる中田島砂丘。

中田島砂丘(なかたじまさきゅう)は、静岡県の浜松市の南部の天竜川以西に位置し、南北約0.6km、東西約4kmに渡って広がる砂丘で遠州浜(遠州大砂丘)の一部です

5,白糸の滝

白糸の滝は、富士山を東にのぞむ静岡県富士宮市の上井出にある滝。古くから名勝として知られ、源頼朝が立ち寄ったという言い伝えもある。

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産にも登録された。文字通り無数の白糸のような滝が幅150m以上にわたって岩盤から流れ出ており、幽玄な姿を見せる。

徒歩5分ほどの場所には対象的に豪快な音をひびかせる「音止めの滝」があり、こちらもあわせて訪れたい。

6,公益財団法人冨士霊園

公益財団法人冨士霊園(ふじれいえん、英語: Fuji Cemetery)は、静岡県駿東郡小山町にある公園墓地(霊園)、無縁仏となったもののための共同納骨堂の設置運営、供養を行っている公益法人。

元厚生労働省健康局所管の財団法人。広大な園地には季節の花が植えられ、特に桜の名所として有名で、「日本さくら名所100選」に選ばれている。桜のトンネル、ここの歩道から見る桜は緑に映えて綺麗です。

7,堂ヶ島「青の洞くつ」

堂ヶ島は伊豆半島の西側、静岡県西伊豆町にある景勝地。一帯は国指定名勝「伊豆西南海岸」に指定されている。リアス式海岸の複雑な地形がうむ景観美がすばらしく、「伊豆の松島」と呼ばれている。

干潮時に地続きになる三四郎島、天然記念物に指定されている天窓洞などの見所がある。天窓洞は「青の洞くつ」とも称され、自然の天窓を通して日が差し込み、海面が青く輝く姿が幻想的。

変化に富んだ海岸線と奇岩を背景に沈む夕陽の美しさも格別で、西伊豆町は「夕陽日本一」を宣言している。

8,河津町(河津桜発祥の地)

河津町は静岡県の伊豆半島南東部にある町。早咲きの桜「河津桜」発祥の地として名高い。河津川沿いを中心としておよそ8000本の桜が鮮やかなピンクに咲き誇る「河津桜まつり」は、春の訪れを告げる風物詩。

毎年約80万人が訪れる人気イベントとなっている。初春の朝、満開の河津桜のトンネルを散歩するカップル。

9,日本平ホテル

日本平ホテルは静岡県静岡市清水区にあるホテル。正面に霊峰富士を望み、「風景美術館」のコンセプトのもと、景色がまるで絵画に見えるように設計されている。夜景の清水の町と富士、チャペルやラウンジ、客室などいたるところで富士山鑑賞ができる。

10,白浜大浜海岸

白浜大浜海岸は静岡県下田市にある海水浴場。長さ700m以上にわたって緩やかに弧を描き広がる広大なビーチで、その規模は伊豆でも最大級。

ホワイトサンドと紺碧の海とのコントラストは南国のような美しさ。水の透明度はすばらしい。白浜の朝日です。

 

文福茶釜のある吐月峰 柴屋寺

Pocket

 

柴屋寺は、1504年に京都の銀閣寺を模して建立された臨済宗妙心寺派の寺院です。

「ぶんぶく茶釜物語」は、群馬県館林市にある茂林寺の「分福茶釜」伝説が有名ですが、ここ柴屋寺の「文福茶釜」は静岡市伝説です。
漢字体は、茂林寺⇒「分福茶釜」、柴屋寺⇒「文福茶釜」と異なります。

柴屋寺の正式名称は、「天柱山吐月峰柴屋寺」で国指定の名勝及史蹟庭園です。

柴屋寺は、今川家・第六代当主の義忠公と第七代当主の氏親公に仕えた連歌師の宗長が草庵を結び余生を送ったところです。

室町時代から戦国時代にかけて、応仁の乱の戦火を逃れて京から多くの公家や文化人が駿府へ居を移し、「東(国)の京」または「東(国)の都」とも呼ばれ「京文化」が栄えました。後の「東京」のいわれではないのか…?

駿府(現静岡市)は、今川氏が統治していましたが、当時は都から京文化が導入され、風雅な茶道、華道、連歌など今川文化が流行りました。

この柴屋寺には、足利義政公がお茶を点てる際に用いた「文福茶釜」が所蔵されています。

この寺の所蔵する主な寺宝。(文化財に指定)
1.後水尾天皇御親筆の短冊
2.芦屋釜…文福茶釜(足利義政公より賜るもの)
3.柿本人麻呂像および一節切の笛(頓阿法師作)
4.一休さんが托鉢の際、使用した鉄釜
5.今川氏親公の真筆扁額
6.宗長法師の真筆

 

静岡県のおすすめの温泉

Pocket

 

人気の温泉街がたくさんある静岡県。東京からもアクセスしやすく、気軽に癒し旅行をできるのが魅力です。静岡県内には、国内の中でもトップに入る人気の温泉地や、隠れた名湯とも言える温泉地があります。

そんな静岡県内の中でも人気の温泉街をご紹介。街の雰囲気、温泉、食事といろいろ楽しめる温泉街ばかりです。

 

防空豪・五右衛門風呂 伊東温泉「大東館」

日本三代古泉・走り湯温泉

須走温泉「天恵」

駒の湯温泉「駒の湯 源泉荘」

雲見温泉「かわいいお宿 雲見園」

河内温泉 千人風呂「金谷旅館」

峠の湯「大家荘」

秘湯の宿「運龍」

湯ヶ野温泉「湯本楼」

今井浜温泉「サンシップ今井浜」

熱川温泉「たかみホテル」

熱川温泉「臨泉閣」

熱川温泉「ホテルカターラリゾート&スパ」

伊東温泉「横浜藤よし伊豆店」

伊東温泉 陽気館

修善寺温泉

白岩の湯と小川温泉共同浴場

源泉かけ流し美肌の湯 梅木温泉 神代の湯

与謝野晶子や若山牧水に愛された 畑毛温泉 大仙家

飲泉、自家源泉かけ流しの秘湯 観音温泉

蓮台寺温泉

谷川の湯 あせび野

谷津温泉 「薬師の湯」

冷川温泉「ごぜんの湯」

網代温泉 浜辺の湯の宿 平鶴

湯ヶ島温泉 湯本

 

 

 

 

 

 

 

梅ケ島キャンプ場

Pocket

約5万平方メートルの広大なキャンプ場。テントサイトには木立があり、夏場も涼しく利用することができる。

バンガローやアスレチック広場もそろい、ファミリーで訪れるのにもお勧めだ。天気の良い夜には、満天の星空を眺めることもできる。

【施設】

テントサイト(宿泊、デイキャンプ)、バンガロー、アスレチック広場

【調理】

直火不可。バンガロー等建物の近くでは十分ご注意ください。
炊事棟が4箇所あります。釜場、水道をご利用いただけます。
BBQセットの貸出はありません。

【シャワー】夏休み期間中のみ利用可能。男女各4基。
※車で10分北上したところに市営梅ケ島新田温泉“黄金の湯”があります。

【所在地】 静岡県静岡市葵区梅ケ島3198番地地先

【営業日】 通年(年末年始除く)

【宿泊利用時間】 チェックイン:昼12時~17時、チェックアウト:朝10時

【デイキャンプ利用時間】 昼12時~17時まで

【予約方法】

利用日の1週間前までに電話にて予約をしてください。
電話:静岡市梅ヶ島キャンプ場 090-2773-4026(054-269-2459) 昼12時~17時の間
※事前予約無しに直接現地に行かれてもご利用いただけません。

【キャンセル方法】

キャンセルは直接キャンプ場へ連絡をしてください。
電話:静岡市梅ヶ島キャンプ場 090-2773-4026(054-269-2459) 昼12時~17時の間

【貸し出し備品】

直接キャンプ場にご確認ください。

【注意事項】

発電機の持ち込み不可。
ペットの入場不可。
オートキャンプ不可。
※川は遊泳が禁止されています。流れが速く大変危険ですので絶対に入らないでください。

【アクセス】
車:静岡駅から一直線に伸びる県道29号線を北上。約100分走り、梅ケ島キャンプ場の看板を左折し、看板に沿って道なりに進むとしばらくしてあります。(市街地から約100分、新東名新静岡ICから約80分)

バス:JR静岡駅または新静岡セノバより、静鉄バス「安倍線・梅ケ島温泉行き」に乗車し、「孫佐島」で下車し、徒歩10分。(所要時間約120分)

静岡県県民の森

Pocket

 

「静岡県県民の森」は、県政百年を記念して整備された野外レクリエーション施設で、静岡市北部の井川・梅ヶ島地区にまたがる尾根沿いの約1,000haの地域です。

勘行峰・笹山・山伏岳の山々とともに、温帯性の美しい森林に覆われ、井川湖・南アルプス・富士山を望むことのできる景色の美しいところで、奥大井県立自然公園に指定されています。キャンプ場などの施設は、富士見峠から約9km、豊かな大自然の懐にあります。

ロフト付7棟、平屋8棟の2つのタイプが15棟あります。最大8名まで泊まれます。キッチンには水道、ガスコンロ、ユニットバスを完備。ガスヒーターと電気カーペットも用意してあるので、快適にすごせます。

部屋にはマット、毛布、枕があります。冷蔵庫もあり食べ物も保存できます。キッチンには、まな板、包丁、やかん、洗剤があります。

4人用部屋が6室、6人用部屋が2室で合計36人が宿泊できます。各部屋には2段ベッドがあり、1階には炊飯棟やお風呂もあります。またロッジの敷地内には薪で火をおこす野外炉があるので、バーべキューが可能です。

大型常設テントがエリアごとに分かれて35張、持ち込みテント用のフリーサイトが30サイトあります。ほかに炊飯棟2棟、野外炉が完備されています。夜は各ポイントに点在する常夜灯が灯りますが、基本的に照明は満天の星空と月明かりだけです。

フリーサイトはテント持ち込みのお客様用で、水はけの良い作りになっています。22年度よりバイオトイレが近くに設置されました。

アクセス

JR静岡駅から車で1時間45分、東名高速「静岡IC」から車で1時間55分です。新東名高速「新静岡IC」から車で1時間30分です。

営業日:4月第3土曜~11月第3日曜
定休日:火曜(7、8月は無休)
営業時間:9:00~16:00
電話&FAX054-260-2214