伊豆は夏以外の季節も面白い

Pocket

 

静岡県の伊豆といえば、東京から近い海が綺麗な場所として、夏に海水浴をする人で賑わいを見せます。温泉やグルメ、下田の史跡など、夏以外の季節の魅力について紹介します。

“伊豆は夏以外の季節も面白い” の続きを読む

国際観光文化都市 熱海

Pocket

古くからの湯治の地であり、地名は「阿多美」であったが、海から熱い湯が湧き出ていたことから「熱海」とされた。1604年には徳川家康も来湯していたと云われてます。

熱海は、神奈川県の隣の静岡県にある温泉地です。海に隣接する温泉地のため、リゾート気分を味わえると全国から観光客が訪れます。また、東京からは新幹線で50分、普通列車で約2時間ほどで行くことができるため、関東近郊の人の週末旅行の定番スポットの1つでもあります。

“国際観光文化都市 熱海” の続きを読む

江戸時代のおもかげ 三島宿

Pocket

三島は幕府の直轄地である天領でした。天正18年関八州の領主となった徳川家康は直ちに三島代官所をつくり、伊豆の統治を始めました。初代代官は伊奈熊蔵でした。
宝暦9年(1759)になると170年間続いた代官所は、韮山代官所に統合され、三島は陣屋(支所)の役割を果たしていました。

“江戸時代のおもかげ 三島宿” の続きを読む

広重が描いた東海道53次って‥‥?

Pocket

 

東海道53次とは

江戸時代、徳川家康によって整備された五街道のうちの一つです。東海道にある53の宿街のことを指します。東海道は日本橋から京都まで続く街道で、徳川家康ゆかりの地が数多くあり、訪れると家康の偉大さが良くわかります。どこに行っても家康の功績が称えられています。

“広重が描いた東海道53次って‥‥?” の続きを読む

東海道五十三次 静岡

Pocket

静岡県内には東海道53の宿場のうち22の宿場があります。東海道のような歴史ある街道では、沿道に暮らしていた人たちの営みが地域の魅力、文化をつくってきました。東は三島宿から西の白須賀宿までの22宿を紹介します。

“東海道五十三次 静岡” の続きを読む