食用にされるマガキやイワガキ

Pocket

 

 

カキ(牡蛎、蛎、牡蠣、蠣、)は、海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれています。

古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されていいます。

“食用にされるマガキやイワガキ” の続きを読む

どうまん蟹

Pocket

 

浜松には幻と言われる漁獲量が非常に少ない蟹がいます。地元では【どうまん蟹】と呼ばれるワタリ蟹で正式名称は「トゲノコギリガザミ」名前(地方名)は違いますが沖縄、瀬戸内、志摩でも若干漁獲されます。

“どうまん蟹” の続きを読む

あじの干物

Pocket

 

魚などの魚介類の身を干した乾物である。干物は天日や風で微生物が使える自由水の割合(水分活性)を減らすと共に表面に膜を作ることにより保存性が高まる。また干して乾燥することで、独特の食感とそれに伴う食味、蛋白質が分解され旨味が形成される。生魚と比べて保存性があることから全国の海辺では土産品としてよく売られている。

“あじの干物” の続きを読む

ジビエ料理

Pocket

 

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。

“ジビエ料理” の続きを読む