広重が描いた東海道53次って‥‥?

スポンサーリンク
Pocket

 

東海道53次とは

江戸時代、徳川家康によって整備された五街道のうちの一つです。東海道にある53の宿街のことを指します。東海道は日本橋から京都まで続く街道で、徳川家康ゆかりの地が数多くあり、訪れると家康の偉大さが良くわかります。どこに行っても家康の功績が称えられています。

五街道(ごかいどう)は、江戸時代の江戸・日本橋を起点に伸びる「東海道」「中山道」「日光街道」「奥州街道」「甲州街道」の五つを指した陸上幹線道です。

1601年(慶長6年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ以下の5つの街道を整備し始め、2代将軍秀忠の代になって基幹街道に定められました。

東海道、実際に調べていくと、どこの宿場街も同じ要素が含まれています。宿場・本陣・旅籠・見附・高札場などから、宿場街は構成されています。

宿場(しゅくば)

街道の拠点で、江戸時代に街道が整備されるとともに発展した集落です。言葉自体は平安時代の末期から使われていたそうです。

本陣(ほんじん)

大名など、身分の高い武士が泊った宿で宿場の目印的な存在です。今でも大事に当時の本陣の様子を残して観光資源にしている宿場街も沢山あります。

旅籠(はたご)静岡県湖西市新居町

普通の旅人が宿泊する、今でいう旅館みたいな所にあたるのでしょうか?

見附(みつけ)静岡県藤枝市・岡部(静岡)

見附には上方見附(西)と江戸見附(東)と2つあります。宿場町の東西の出入り口のことです。

高札場(こうさつば)静岡県掛川市日坂(にっさか)

禁制や法度など、幕府のお触書を掲示した場所です。

宿場はしっかり整備されていいたようです。では、江戸時代当時の宿場と宿場の間ってどんな具合だったのか?

関所(せきしょ)静岡県湖西市新居町

交通の要所に設置された検問施設です。一般に通行手形を提示し通行していました。江戸時代は他藩は外国のようなものだったようですので、現在の「入国管理局」ようなところですかね。

女性と鉄砲の通行が厳しかったと云われてます。参勤交代の大名の妻が無断で帰藩と江戸方面への鉄砲の持ち込みの2点が、幕府によって厳しくに規制されていたようです。

川越(かわごし)静岡県島田市河原

江戸時代は橋をかけて自由に行き来することが出来ない川もあり、そのため人力で川を渡っていました。島田宿大井川川越遺跡は、。島田宿として栄えていた当時の町並みが保存されています。

 

一里塚(いちりづか)静岡県静岡市清水区草薙一里山

日本橋を起点に一里(3.9キロメートル)毎に目印になる塚を作りました。そこに木を植えて旅人が休むことが出来るようになっていたようです。

松並木道(まつなみきみち)静岡県浜松市西区舞阪町

所々で見かける松の並木道、夏場の暑い中の移動では本当に助かりました。調べてみたらやはり、徳川幕府が冬の寒さ対策、夏の暑さ対策に並木道を作ったようです。

こうして見ると、関所、川越、など簡単に移動できないようにして、徳川幕府に謀反を起こすことが出来ない仕組みをインフラも含めて構築していたと思えます。また、並木道や一里塚など旅人を思いやる仕組みも作り、徳川政権は飴と鞭を使い分けた政権だったのでしょうか?

「東海道五十三次 静岡」戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA