絶景な地形と透き通る憧れの「波勝崎ブルー」波勝崎

スポンサーリンク
Pocket

 

伊豆半島の南端、伊豆急下田線の終着駅・下田からさらに南に位置する南伊豆町。波勝崎は、半島の先端をぐるっと西に回り込んだ先、駿河湾側にあります。岬の周辺一帯には野猿が生息しており、野猿公園〈モンキーパーク波勝崎苑〉となっています。

マックス45Mのダイナミックな根があり、上級者向けのダイビングポイントとなっており大物と出会う可能性も高くなっています。 一周約20分で周ることが‥‥。波勝崎の美しい海をご紹介します。自然の起伏に富んだダイナミックなポイントから小さな海の生物までバラエティ豊かな 海を楽しめます。

また、海底は砂地となっており南西にはマックス25Mの断崖絶壁の離れ根もあり、 潮が当たるポイントのため色々な大きい魚群、珍しい魚などを見ることが出来ます。

見れる魚としては、キンギョハナダイ、イサキ、スズメダイ、ツムブリ、ウミウシ、マダイ、クエなど。 最も大きい魚としてはマンボウが極稀に‥‥。深度がありますが、ガイドがセーブしながらダイビングすれば初心者でも潜れるスポットです。

ダイビングスポットとして開かれたのは、2011年と新しく、初心者も楽しめる洞窟ポイントの「三ヶ島」や、水深10mほどの「青の洞窟」、ウミガメの居着いている「カメ島」、また中、上級者向けには、潮が流れると激流になる「弁慶」などのポイントがあります。

マックス30Mの初心者から中級者向けのスポットです。洞窟やトンネルなど地形を楽しむこともでき、 写真撮影にも向いています。雲見側にあるスポットのため潮の流れが当たらず、根周りのマクロ生物や隠れエビを 楽しむには最高のスポットです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA