マンタからマクロまで 初島

スポンサーリンク
Pocket

 

熱海港からフェリーで23分の沖合に浮かぶリゾートアイランド・初島。周囲は急深で潮通しがいいため、サメや回遊魚、さまざまな魚の群れなど、ビーチエントリーながらワイドから豊富なマクロ生物まで1年を通して楽しめます。

水中の生物のみならず、日々刻々と変わる海との「出逢い」は、初島は「ビーチエントリーなのにボートダイビングのような」ワイルドさが満喫できる海です。白い砂地と大岩のショートドロップオフが作り出すワイドな景観と生物が楽しめます。

メインスポット「フタツネ」、上級者限定・オノミチキサンゴとおおきな根沿いに群れる魚の数に圧倒されまくる「イサキネ」、穏やかな景観に癒されるヒーリングスポット「ニシマト」、ミステリアスでいてアグレッシブなサメ天国「ヤンバタ」の、景色も生物も多種多様な4つのポイントで、小さなマクロから存在感満点の大物・大群まで魅惑のダイビングが満喫できます。

伊豆半島から初島まではなだらかな浅瀬が続き、初島から南東から一気に相模湾トラフ(1000m級の海溝)に向けて深くなります。島自体が、釣りのポイントで言うところの「カケアガリ」となっており、「天然の漁礁」とも呼ばれる初島です。

堤防から40cmオーバーのメジナが釣れることもざらにあります。島全域で釣れるメジナをはじめとし、アジ、イサキ、タカベ、イカなど堤防釣りの魚から、イシダイやヒラスズキなどの磯の大物まで様々な魚が‥‥。

熱海の沖合い約10kmに浮かぶ小さな島が「初島」です。島へのアクセスは熱海港と伊東港から出ている定期船「イル・ド・バカンス」でたったの23分とはいえ、そこはまぎれもなく島なのです。都会の喧騒とは無縁ののんびりムードが漂っています。

「初島」の人気の秘密はボートスポット顔負けの魚影の濃さにあります。外洋性の島のため“潮通し”が抜群で、多くの回遊魚を連れてきて、元気なソフトコーラルを育んでいます。

またこの潮通しのおかげで、東伊豆沿岸の各ダイビングエリアの透明度が悪い時でも、初島は比較的良好なことが多いのです。日帰りでリゾートダイビングが楽しめる島として、初島には最高のロケーションが揃っています!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA