透明度と独特の青みをもつ「井田ブルー」

スポンサーリンク
Pocket

 

井田は、豊かな緑に囲まれたのんびりしたダイビングサイトです。山の恵みを含んだ水が注ぎ込む栄養豊かな海です。 海底地形は急深です。そのため、年間を通して透明度が高く、豊富な生き物が観察できます。

その魚影の濃さは、春、海藻が茂り、幼魚たちが海藻の揺りかごの中で、静かに成長を始めます。季節来遊魚が姿を現し賑やかさを増す夏を経て、秋には回遊魚が登場します。

秋の夕方に現れるタカベの群れの大回遊は、水中ショーと言っても過言ではないでしょう。そして、晩秋〜冬にかけては、タカベの群れの回遊や、クロホシイシモチの群れが迫力いっぱいに水中を泳ぐ。 また、「井田ブルー」と呼ばれる独特の青さの海に虜になるダイバーは後を絶ちません。

大瀬崎よりやや南に位置する井田は、西伊豆の混雑を避けて訪れるダイバーも年々増えている注目のエリアです。山に囲まれ、目の前には駿河湾を挟み世界遺産の富士山が見られる。

ダイビングポイントは「井田ビーチ」のみだが、県の水質調査でも純度が高いと証明された「井田ブルー」と呼ばれる透明度抜群の海が待っている。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA