ビーチなのに大物に出逢える 稲取

スポンサーリンク
Pocket

 

温暖な気候に恵まれた伊豆半島東海岸に位置する稲取は、温泉情緒にあふれた、町並みが魅力的です。稲取でのダイビングは、荒天にも強い「稲取港」をはじめ、「志津摩ビーチ」、「藤三港」など、ビーチポイントが中心です。ビーチながら大物との遭遇も期待できます。

中級以上のダイバーには、サザエ根、千足台といったボートポイントもオススメです。アフターダイブはもちろん温泉ですね。そして、東伊豆町随一の漁港である稲取に水揚げされる魚介類は、その味で日本一を誇る金目鯛をはじめ、伊勢エビ、アワビ、アジ、サバなどよりどりみどりで堪能できます。

海藻の茂るゴロタを越えた砂地の方にいろいろと生物がいるらしいんですが、そこまでが遠い!(200m!)テングサ漁は、江戸時代から数百年受け継がれてきた。水深は約5メートル。伊豆漁協などが藻場の雑草を取り除く岩盤清掃に取り組んでいます。テングサの採取と藻場の環境調査が目的だそうです。

砂地まで行った後は岩をじっくりフィッシュウォッチング、という形にしました。砂地のあたりになると15mぐらい抜けていて、ベニカエルアンコウなんとも言えない、いい表情してます。

冬にダイビング、勿論ドライスーツ、フードを装着して、個人的にはこの季節がベストシーズンなのではないかと‥‥。何となくもったいない気がします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA