70m級のドロップオフに興奮 伊東

スポンサーリンク
Pocket

 

温泉地として有名な伊東は、ダイナミックな地形と濃い魚影、鮮やかなソフトコーラルが魅力のスーパーボートポイントが目白押しです。海底からそそり立つ岩根が複雑な地形を形成しており、水深70mまで落ち込むドロップオフやアーチ、ケーブなど、そのスケールの大きさに圧倒されます。

伊東の海は、東伊豆で数本の指に入るぐらい魚影が濃いです。ボートは多少荒れることもあります。中上級者とショップが多い気がします。ビーチもあるので様々なダイビングに対応できる貴重なスポットです。

ワニゴチ。なかなかの形相でしかも大きい。あまり注目されない。この時期になると騒がれ出すアンコウ!!同じく平べったい系でそこそこの大きさにも関わらず、何故!そんなこと言っておきながらアンコウでたらオオ~とさわいでますが・・。

最近やたら目に付くのが、ベニクダウミヒドラです。凄くキレイです。ホソウミヤッコももう一歩何かがあればいいのですが‥‥。なんか地味なんです。

ニシキウミウシの赤バージョン、満根ではオレンジバージョンがいましたが、よくもまあこんなにも色が変わるもんです。ムチカラマツにはガラスハゼとキミシグレカクレエビは、最初ビシャモンかと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA