浄蓮の滝(伊豆)

スポンサーリンク
Pocket

滝は狩野川の上流部、天城山の北西麓を流れる本谷川にあります。1万7000年前に伊豆東部火山群の鉢窪山スコリア丘が噴火した際に流出した玄武岩溶岩流を流れ落ちる直瀑である。

落差は25m、幅は7mで岩盤には柱状節理が見れます。かつて滝の付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから「浄蓮の滝」という名称がついたと伝えられてます。

周囲には日本では伊豆半島と熊本県にのみ自生が確認されている「ハイコモチシダ(ジョウレンシダとも)」の群生地があり、静岡県指定の天然記念物にもなっています。

滝は駐車場から谷をかなり降りたところにあります、足腰の弱い高齢者には厳しいと考えます。滝壺までの道すがら、沢に沿ってワサビ田が広がる光景が見られますが、関係者以外立入り禁止となってますので注意が必要です。

滝壺にはジョロウグモの化身が棲むとの伝説があります。「むかし樵夫が、落とした鉈を探しに滝つぼの中に入ると美しい女性と出会いました。その女性と姿を見たことの公言しない約束をしたのですが・・・・。「滝の主の女郎蜘蛛だ」と村人から聞き、その出来事を話してしまいました。すると樵夫は深い眠りについた」と伝えられてます。

この滝は石川さゆりの「天城越え」でも広く知られる、天城山隧道(旧天城トンネル)を通って、河津七滝のループ橋を渡り終えると、「河津七滝」に到着します。

原生林が生い茂り、静寂な雰囲気の中、激しい音を立てて流れ落ちる姿は迫力がある。 滝への道は明治末期に開かれ、昔は人も近づかぬ神秘的な場所であったという。 周辺は夏でも涼しく、滝の周りや滝壺の岩肌には県指定天然記念物のジョウレンシダ(別名ハイコモチシダ)が群生。 「日本の滝百選」のひとつに選ばれています。

山の冷気と水しぶきで夏でも肌寒いほどです。滝壺の下流には天城国際鱒釣場があり、渓流沿いには天城名物のわさび田が続いています。

旧天城トンネル(正式名称:天城山隧道)は、静岡県伊豆市と加茂郡河津町を結ぶトンネルです。 新天城トンネルと区別するため「旧天城トンネル」と呼ばれています。

明治38年に築造され、全長445.5m、アーチや側面などすべて切り石で建造しており、石造道路トンネルとしては、日本に現存する最長のものです。

総石造りの馬蹄形をしたトンネルの入口や内部は、非常に重圧な構えとなっていて明治末期を代表する歴史的トンネルであるとし、平成10年9月25日に有形文化財に登録され、平成13年には道路トンネルとしては初めて国の重要文化財に指定されました。 その旧天城トンネルに続く道は川端康成作「伊豆の踊り子」でも有名な旧天城峠です。

河津七滝は、その名の通り7つの滝があります。滝を「タル」と呼ぶのは、平安時代から続いている貴重な民俗語で、水が垂れるという意味の「垂水(たるみ)」がそのルーツです。

その河津七滝ハイキングコースでは、7つの滝を楽しむことができます。 また河津七滝ループ橋は国道414号、七滝・大滝温泉への入口にある巨大な二重ループ橋です。

道の高低差を二重の螺旋で継いだ高架橋で、地震による土砂崩れの教訓を生かして採用された工法によって造られたものです。 直径80m、高さ45m、全長1064mで、昭和56年に開通しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA