豪快な地形巡りと回遊魚と出会える 妻良(めら)

スポンサーリンク
Pocket

 

伊豆半島の南端、駿河湾に面するのが妻良です。港は入り江状の形をしており、波静かな漁港として江戸時代から栄えてきた古き良き港町です。

黒潮の恵みにより、1年中数多くの魚が水揚げされ、9月からは伊勢エビ漁が盛んとなります。妻良の海岸線は、海底火山から噴出された火山灰や軽石でできた地層や洞穴が続き、見ていて飽きません。

夏場は海水浴や釣りで賑わい、近年ではヨットでの来港も増えているようです。夏限定の海上アスレチックは、すべり台や飛び込み台などがありファミリー層からの支持も厚いようです。

水中は、海岸線がそのまま水中に沈んだような、切り立った迫力ある地形が魅力です。断崖絶壁の壁やV字に削れたクレバス、岩が折り重なってできたケーブなど、まさに外海の雰囲気です。

ダイビングでは、黒潮の支流がふんだんに流れ込むことから、プランクトンが豊富で、根付の魚や回遊魚が乱舞する伊豆屈指の魚影の濃さを楽しむことができます。夏から秋にかけて、中型の回遊魚の群れが多く見られ、その補食シーンも見どころの一つです。

地層を縦にぶった切るような斜めのラインはマグマの痕跡(岩脈)で、蛇が崖を横切るように見えることから「蛇下り」と呼ばれているそうです。ソフトコーラルやイソギンチャクの着く小さな根が点在し、のんびりマクロ探しがオススメです。

水深が浅いところではクマノミや黒潮に乗ってやってきたカラフルな魚たちを見ることができます。豪快で複雑な地形やアーチ・ケーブもダイバーに人気のポイントのようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA