マンボウとエダサンゴが広がる 中木

スポンサーリンク
Pocket

 

伊豆半島最南端にあるダイビングスポットです。伊豆国立公園に指定された美しい海は、スノーケリングポイントとしても有名です。特に、地形から生まれた芸術ヒリゾ浜とは 国立公園、石廊崎と中木の境のこの海岸は、抜群の透明度を誇る海岸です.。

8月のシーズン中は入場制限されるほどの人気。透明度抜群の南国のような海を求めて多くの人が訪れます。特に伊豆半島南と西海岸は美しい縞模様を持つ地層や世界的にも貴重な独自の美しさがあります。ダイビングポイントへはボートで2〜3分ほど。魚影が濃く地形もダイナミックです。

ヒリゾ浜のある伊豆半島は日本で唯一、フィリピン海プレート上にのっていて、プレートの北上に伴い火山活動を繰り返しながら本州に衝突し誕生した伊豆独自の大地、なりたちから豊かな温泉や日本一深い駿河湾、変化に富んだ地形をもつ魅力的な半島が作られています。

カメ、トビエイの群れ、運が良ければマンボウの群れに当たることも!エダサンゴが広がる癒しのポイント「ハヤマ」や、大物や群れなど迫力あるダイビングが楽しめる「トウジマ」は特に人気のポイントです。

周辺には温泉や、新鮮な魚介を味わえる食堂も多く、アフターダイブも飽きることはない。古き良き民宿も多いので、1泊してゆっくりダイビングを楽しむのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA