河津七滝 (河津町)

スポンサーリンク
Pocket

 

河津七滝(かわづななだる)は、静岡県賀茂郡河津町を流れる河津川の、約1.5kmの間に存在する7つの滝の総称。河津町観光のメインスポットであり、伊豆半島ジオパークのジオサイトとして指定されている。

七滝は、約2万5000年前に伊豆東部火山群のひとつ「登り尾(のぼりお)南火山」からの溶岩流が谷に流れ込んでつくり出したもので[1]、七滝のうち「えび滝」を除く6つの滝には、厚い溶岩が凝固、収縮してでできる柱状節理が見られる。

初景滝には文豪、川端康成の代表作「伊豆の踊子」のブロンズ像[2]があり、滝祭りのメイン会場ともなっている。七滝沿いには河津七滝温泉の温泉街があり、これらの宿泊施設などでは、以下のそれぞれの滝の名称を部屋名として使用しているところも少なくない。

大滝(おおだる)…高さ30m幅7m、伊豆半島最大級
出合滝(であいだる) – 高さ2m、幅2m
かに滝(かにだる) – 高さ2m、幅1m(長さ15m)
初景滝(しょけいだる) – 高さ10m、幅7m
蛇滝(へびだる) – 高さ3m、幅2m
えび滝(えびだる) – 高さ5m、幅3m
釜滝(かまだる) – 高さ22m、幅2m

河津七滝にはヤマタノオロチ伝説とよく似た大蛇伝説が伝わる。その昔、天狗の万三郎の妻が天城の八丁池で七つの頭を持つ大蛇を目撃した。これを聞いた万三郎は八丁池の近くに強い酒の入った樽を七つ置いた。

やがて現れ大蛇がこれを飲み、酔いが回り寝込んだところを万三郎は剣で大蛇の七つの首を全て切り落としたそうです。すると大蛇の体は川となり、首の切り口は滝となり、河津七滝となった。と云う起源伝説です。

通常、「滝」という漢字は「たき」と読みますが、河津七滝では「たる」と読みます。平安時代から伝わる民俗語が由来だそうです。「河津七滝」およびその7つの滝の名称は「だる」と濁った読み方をします。

伊豆半島は、古代に地球が形成された痕跡をいたるところで見ることができます。天城越えの地にあるのは、浄蓮(じょうれん)の滝。浄蓮の滝から約20kmほど南にあるのが、「河津七滝(だる)」です。

これらの滝は、古代の地殻変動で形成されたものです。河津七滝は、河津サクラで有名な河津町を流れる河津川の上流にあります。河津七滝に車で行くには、山の中腹を通る国道414号線から「河津七滝ループ橋」をくるくると回りながらループ橋を降りたところに、七滝はあります。

町営の無料駐車場に車を止めて、徒歩で七滝をめぐるのが定石です。1番目の「大滝(おおだる)」は《一般の方は見学できません》と書いてあります。

大滝の場所に行くと、「天城荘」という立派な温泉旅館があり、この旅館の敷地内に「大滝」はあります。「大滝」をみるには、売店で何かお土産を購入するか、あるいは見学料500円を支払えば見ることができます。

「大滝」に行くには、天城荘のエレベータで下に降り、そこからさらに坂道を下ります。エレベータや、整備された道がなければとても滝まで行くことは困難な場所です。

坂道を下りきったところに「大滝」があります。河津七滝の中で一番大きい滝です。V字形の谷底にある滝は、爆滝と呼ばれ滝の音だけが響き渡る秘境です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA