サンゴの産卵を観察できる 静浦

スポンサーリンク
Pocket

 

西伊豆に新たにダイビングエリアが増えました。一つの根を中心としたダイビングスポットの周りには、生物相豊かな自然が広がる。西伊豆の玄関口、南北に伸びた沼津市の中央より南に位置しています。

沼津駅周辺や沼津港は観光地としてに賑やかなイメージが強いですが、静浦は山に囲まれいくつかの神社もあり、とても閑静で落ち着いている地域なのです。ダイビング後に沼津観光というアフターダイブも可能です。

静浦という土地は、静浦港付近ではマダイやメジナ、クロダイなどが釣れ、それもサイズが大きいと釣り人に人気のスポットとして知られていましたが、ダイバーが潜ることはほぼなかったようです。

静浦の海にはありのままの自然が残されています。静浦の名物ともいえるサンゴの一種、ヒメエダミドリイシは、いかにも健康的に生き生きと育ち、沖に行けば人のサイズほどのソフトコーラルも‥‥。

自然のまま保護されてきた1年中を通じ比較的穏やかな海域で、安心に楽しめます。緩やかな海底、ドロップオフ砂地、イソギンチャク畑、サンゴの産卵を観察できます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA