サクラダイの群泳、沈船スポット 獅子浜

スポンサーリンク
Pocket

 

西伊豆のスポットの中で最北端に位置するのが獅子浜だ、沼津駅までは、新幹線を使えば東京から約1時間、車なら沼津ICから現地まで30分の距離と、アクセスも良好です。

ポイントはビーチエントリーのみで、3つのダイビングポイントのうち2つは、ビギナーからダイビングできます。ただし、沖に向かって深くなり、特に「ステージ2」は深場に目玉の沈船があるなどスキルを要求されるため、中級レベル以上が望ましいようです。

ビーチは、エントリーしやすく初心者にもオススメです。ガイドロープ沿いに深度が取れる「シーマンズ裏」や沈船が見られる「獅子浜南」など、手軽にディープダイビングしやすい環境も整っており、近年はテクニカルダイビングのトレーニングにもよく使われています。

夏から秋にかけてはカンパチ、ワラサといった回遊魚が、また、カミソリウオなど死滅回遊魚が見られる。なお通年でナイトダイビングが可能。近隣には天然温泉もあります。

南に突き出た大久保の鼻と呼ばれる岬を潜ると、サクラダイの群泳など西伊豆を代表する魚が見られ、一年を通してナイトダイビングが可能です。深い水深がとれる沈船スポットもあります。

小さな湾となっているため風に強く、一年を通して海況が安定してます。ポイントはすべてビーチですが、30mの深さまで落ち込む急傾斜面なっているためダイナミックな景観も楽しめます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA