放射線状に入り込む光が幻想的 富戸

スポンサーリンク
Pocket

 

伊豆半島の東海岸、相模湾に面する富戸は、幅広いダイバーに人気のダイビングスポットです。ビーチは急激な深度変化もなく水深6〜8mから砂地が広がっているので、リラックスして潜れるうえ、入り江になっているため様々な生物をじっくり観察できます。

荒天にも強いのが特徴の一つです。また、例年6〜8月にかけて見られるアオリイカの産卵も見所です。ビーチポイントで初心者でも簡単に見ることができます。10ヶ所以上あるボートポイントでは、ダイナミックな地形、美しいソフトコーラル、濃い魚影など変化に富んでいます。

とくに人気の「富戸ホール」は、放射線状に入り込む光が幻想的です。 エキジット後は名物の温泉丸へ‥‥。天然温泉でスーツのまま入ることができるのが何よりも嬉しいポイントです。

カミソリウオ・フリソデエビのペア・・サザナミヤッコ・ナンヨウツバメウオ・キンメモドキの群れ・越冬したネジリンボウ ・ヒレナガネジリンボウ・ソラスズメダイの大群etc…

富戸ではドリフトダイビングが解禁になりましたが、セルフ・ダイバーの皆さんには全員、同意書を提出していただくことになっているようです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA