真ん中に位置する袋井宿

スポンサーリンク
Pocket

 

袋井宿は、本陣3軒、脇本陣0軒、旅籠50件であった。
ここ袋井宿は日本橋、京のどちらから数えても27番目と、ちょうど真ん中に位置する宿であった。

天の橋

天橋(阿麻橋)は袋井宿の東の入口にかかっていた土橋で、有名な広重の版画「出来屋ノ図」にその姿が描かれている。

どまん中茶屋

袋井宿は東海道(日本橋、京都両方から27番目の宿)にあるので、どまん中茶屋という。

 

袋井宿には三軒の本陣が置かれていて、その場所から東、中、西本陣と呼ばれていた。三軒の本陣は東海道往還通に面して北側に建てられていた。三本陣のうち東本陣は「壱番御本陣」とも呼ばれ、代々八郎左衛門を名乗っていた田代家が営んでいた。

本陣の構造上の特色は門構えと玄関があり、また内部に「上段の間」が設けられていたことである。東本陣の場合、敷地全体の坪数1068坪、塀を除いた建坪288坪、間口13間半、奥行き31間もあり、その規模の大きさがうかがわれる。

高札場跡

御幸橋の袂に高札場跡がある。

袋井宿西本陣跡

袋井宿西本陣跡と書かれた石柱が民家の玄関横にるだけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。