白洲賀宿

スポンサーリンク
Pocket

 

本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠27軒の小さな宿場町であった。宝永4年(1707)の大津波で高台に移るまで、現在より東の海岸に近いところにあった。

白須賀宿本陣跡

本陣とは、江戸時代、公家・大名・幕府役人などが旅の途中に宿泊・休憩した施設である。宿場の中央に大きな間口を占め、門・玄関・上段の間を備えた立派な建物であった。

本陣職は代々世襲して本陣経営を続け、名字帯刀を許されているものもあった。この地は、本陣大村庄左衛門宅跡で、元治元年(1864年)の記録には、建坪183坪、畳敷231畳、板敷51畳とある。

白須賀宿脇本陣跡

現在は脇本陣と書かれた石柱があるのみ。

甕麿址・諸平生誕地(みかまろあと・もろひらせいたんち)

夏目甕麿は、通称嘉右エ門、萩園と号した。
酒造を業とした傍ら国学を内山真龍に学び、後、本居宣長の門に名を連ねた。
賀茂真淵の「万葉集遠江歌考」「鈴の屋大人都日記」等を上梓出版して国学の普及につとめた。著書に「吉野の若菜家集」等数篇がある。文政五年(1822年没)。
加納諸平は甕麿の長子、柿園と号した。若くして紀州和歌山の本居大平の許に寄寓乞われて加納家の養子となる。後、紀州候に召されて国学を講じ国学所総裁となる。
諸平には「当代類題和歌選集」「鰒玉集」七巻の外に「柿園詠草」「柿園詠草拾遺」等の家集を始め数多くの著作がある。

白須賀宿の火防(しらすかしゅくのかぼう)

東海道白須賀の宿は、津波の難を恐れ、宝永五年(1708年)潮見坂の下から、坂上へ宿替えをした。それまでの坂下の白須賀を、元宿と呼ぶのはこの為である。
宿場の移転以来、津波の心配は無くなったが、今度は冬期に西風が強く、たびたび火災が発生し、しかも大火となることが多かった。これは当時、殆どの家の屋根が、わら葺きであったことにもよる。

そこでこの火事をくい止める為に、生活の知恵として工夫せられたのが火防で、人々は「火除け」とか「火除け地」とか呼んで大切にしていた。
火防の広さは、間口二間(3.6M)奥行四間半(8.2M)で、常緑樹で火に強い槙が十本くらい植えられ、元は宿内に三地点・六場所の火防があった。

笠子神社(かさごじんじゃ)

太古より笠子大明神と称し高師山の麓白菅帯の港の西岸に鎮座していましたが、高波や津波などにあって二度移転をし、現在地に移ったのは元和二年(1616)のことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。