絶景スポット

スポンサーリンク

 

静岡の絶景スポット Top-10

国内で最大級の溶岩洞窟「駒門風穴」

富士山そのものが超パワースポットといえますが、周辺地域にも神社や風穴、滝など多くのパワースポットが点在していることをご存じですか?その内の一つ、国内で最大級の溶岩洞窟「駒門風穴(こまかどかざあな)」」は、富士山のお膝元である静岡県御殿場市にあります。

世界遺産となった構成資産の一つ「白糸の滝」

富士山とともに世界遺産となった構成資産の一つ「白糸の滝」は、国の天然記念物に指定された静岡屈指の名勝地。水の流れが絹の白糸のように見えることから名付けられました。幅150m・高さ20mの湾曲した絶壁から幾筋にも流れる滝はしなやかで美しく、全国的にも珍しい湧水からなる滝。

 

絶景スポット「富士スカイウォーク」

標高415mに位置し全長400m、高さ70.6mもある歩行者専用吊橋「三島スカイウォーク」は、富士山や駿河湾を一望できる絶景スポット。安定感のある橋ではありますが、全く揺れないという訳ではありません。

 

日本の滝百選「浄蓮の滝」

伊豆で随一の名瀑とも言われ、日本の滝百選、静岡県水辺百選にも選ばれている「浄蓮の滝」。高さは25m・幅7m。滝つぼの深さは15m。エメラルド色をした神秘的な美しい滝つぼには、女郎蜘蛛が棲みついているという伝説もあります。

 

「鮎壺(あゆつぼ)の滝」

静岡県駿東郡長泉町にある「鮎壺(あゆつぼ)の滝」は富士溶岩流の岸壁にでき、溶岩の間から水が流れ落ちていくという、とても珍しい滝。富士山から長泉町までは約50kmほどの距離があり、約1万年前の富士山の噴火により溶岩がこの地まで流れてきたという証がこの滝なのです。

 

「城ヶ崎自然研究路」にある「橋立吊橋」

柱状の造形が美しい「橋立」と「じょうせんが根」に架かっています。橋の上からの眺望は素晴らしく、じょうせんが根側からは右前方に突き出した岩礁にある天然の入江「大淀・小淀(おおよど・こよど)」、橋立側からは柱状節理の「沖の島」を眺めることができます。

 

幻の滝「対島の滝」

対島川の水量が多い時のみ現れる幻の滝「対島の滝」も、ぜひ見ておきたい。水が少ない時は滝の姿はありません。反対に、豪雨で川の水かさが増えると、いきなり豪快で迫力のある滝が出現します

 

河津七滝の中で最大の「大滝」

川に面した露天風呂の「河原の湯」は、滝と川からのマイナスイオンたっぷり。映画『テルマエ・ロマエ』で主人公ルシウスが傷を癒す為に入浴したシーンで使われたところです。

 

河津桜発祥の地「河津町」

河津桜発祥の地、静岡県賀茂郡河津町では、毎年2月上旬~3月上旬にかけて春を呼ぶ一大イベント「河津桜まつり」が開催。河津川沿いには約3.5kmに及ぶ河津桜並木があり、まつり期間中にその約800本が満開となります。

 

樹齢百年を超える古木も「熱海梅園」

「熱海梅園」の梅は11月下旬~12月上旬に開花がはじまる“日本一の早咲き梅”。開花時期には「熱海梅園梅まつり」が開催されます。約14,000坪の園内には、早咲き272本・中咲き104本・遅咲き96本の59品種472本(平成28年1月現在)の梅が咲き乱れ、樹齢百年を超える古木もありますよ。

 

 

スポンサーリンク