平田寺(へいでんじ)

スポンサーリンク
Pocket

 

平田寺の創建は弘安6年(1283)、上杉憲藤(上杉憲房の子、犬懸上杉家の始祖)が竜峰宏雲(仏光国師無学祖元の孫弟子、上杉掃部頭頼重の子)を招いて開山したのが始まりと伝えられています。

伏見天皇、後醍醐天皇の勅願寺として寺領が寄進され、中世に入ると為政者である足利家や領主である今川家の庇護もあり寺運が隆盛しますが戦国時代の兵火により多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失し一時衰退します。

江戸時代に入ると清庵宗徹禅師が再興し、その際、臨済宗妙心寺の末寺となり、将軍徳川家は代々朱印状を与え庇護されました。

天明6年(1786)には相良藩主田沼意次が菩提寺として庇護し本堂を再建、現在の本堂はその当時のもので入母屋、銅瓦葺、平入です。臨済宗の寺院で静岡県内最古の寺です。

左端には唐破風式台付の玄関(藩主田沼家専用)、江戸時代中期の臨済宗寺院本堂建築の遺構として貴重なことから昭和56年(1981)に牧之原市指定文化財に指定されています。

寺宝である聖武天皇勅書は天平感宝元年(749)に聖武天皇が東大寺、興福寺、薬師寺など12大寺に布や田地などを寄進し「天下太平万民和楽」を祈願したもので昭和27年(1952)に国宝に指定されています。

境内には、三浦環は、1884年生まれのオペラ歌手で彼女の演じた「蝶々夫人」は世界的にも有名で、数多くの人を魅了しました。三浦環の記念碑があります。

聖武天皇勅書-天平感宝元年-国宝

平田寺宝塔-延慶3年-静岡県指定文化財

平田寺文書(47点)-鎌倉~江戸時代-静岡県指定文化財

平田寺本堂-天明6年-牧之原市指定文化財

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA