ひょうたん塚公園・瓢箪塚古墳(ひさごずかこふん)

スポンサーリンク
Pocket

 

瓢箪塚古墳と呼ばれ静岡県静岡市清水区草薙西ノ原の丘陵上にあります。訪れる場合の目印とするものは、ひょうたん塚公園です。

墳丘は大きく破壊されてほとんど原形をとどめていません。上記名称のほかに、古墳群の通番として西ノ原1号墳とも呼ばれることがあります。

墳丘は鍵穴のような形をした日本独特な形式で前方後円墳と呼ばれています。墳丘の規模についてはいくつかの点が大破のため不明ですが、後円部の径28m、高さ2.5mで、前方部の最大幅は23mを測り、墳丘全長は45.8mとなっています。

周囲は開発による造成で削られていますが、市内最大の前方後円墳で、発掘調査により全長71m以上、後円部の高さ約7mと推定されています。

瓢箪塚古墳はその大きさから上浜田古墳群の盟主の墓と考えられ、出土した埴輪から4世紀末~5世紀初頭にかけて造られたと考えられています。

ひょうたん塚古墳は県立大学の近くにある落ち着いた雰囲気の公園です。古墳は古墳時代後期(6世紀初頃)の前方後円墳で、当時いほはら国の有力者の墓といわれている。住宅街の高台にあり、木製の遊具などがある。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA