蒲原城

スポンサーリンク
Pocket

 

築城年代は定かではないが今川氏によって築かれたと考えられている。 一説に藤原氏から出た蒲原氏の居城とするが、それを示す史料はありません。

天文年間(1532年~1555年)には富士川を挟んで今川氏と小田原北条氏が戦っていて、天文14年(1545年)頃には今川氏の重臣で遠江国引馬城主の飯尾豊前守乗連等が城番として詰めていました。

永禄11年(1568年)武田信玄は徳川家康と結んで駿河に侵攻し駿府は陥落しました。今川氏真は遠江国掛川城へと落ちのびたと言われてます。

このとき武田氏は蒲原城を攻め落とさずに駿府へ侵攻したため、蒲原城には今川氏の家臣がおり、援軍として駆けつけた北条氏の軍勢が入城しました。

翌永禄12年には遠江国掛川城の今川氏真を降伏させた徳川家康が駿府に入り、武田氏は駿河から退きました。

しかし、同年末に武田氏は再び駿河へ侵攻しましたが、今度は北条氏信らが蒲原城へ攻め寄せ落城しました。

北条氏信(北条幻庵の次男)以下、北条長順(氏信の弟)、清水新七郎(清水康英嫡子)、狩野介といった武将が討死しました。

最後まで戦った新三郎は、後の軍記物で名将とされました。地元では無念のうちに討死した新三郎に関する伝説や伝承が数多く残っています。

蒲原城は標高149mの城山に築かれてましたが、現在は城跡公園として整備されています。主郭は山頂にあって南北に長く神社が祀られています。主郭の北東に大きな空堀があり、その先に善福寺曲輪があります。

この善福寺曲輪には逆茂木や櫓風の展望台などが設置されています。西側から南側にかけて土塁が付いており、切岸部分にも腰巻状に石積があります。

善福寺曲輪の北下は土塁が巡らされた腰曲輪のような空間が広がっていますが、削平地ではなく自然地形が残っています。

主郭から南東へ伸びる尾根に、一条の堀切があり、その先は不整形な小段が続きます。南西側の尾根は、切岸加工された曲輪が続き、降りていくと畑地に出ます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA