北山本門寺 (重須本門寺)

スポンサーリンク
Pocket

 

1298年(永仁6年)に、日興上人が上野の地頭南条時光、北山の地頭石川孫三郎能忠の援助を得て開基しました。

本門寺の豪壮な仁王門が現れる。地名を冠し「重須本門寺」「北山本門寺」などと呼ばれるこの寺は、日蓮の高弟日興が鎌倉期に開いた古刹です。

北山本門寺は、重須本門寺とも称される日蓮宗の寺院で、日蓮上人の高弟六老僧である日興上人の法脈を継承した富士門流に属し、同門流の5つの有力本山である富士五山(ふじござん)北山本門寺、西山本門寺、大石寺、小泉久遠寺、下条妙蓮寺のひとつに数えられていました。

同33年、大石寺が末寺とともに本門宗より独立し、「日蓮宗富士派」を公称。大正元年、「日蓮正宗」へ改称した。本門宗は昭和16年、日蓮宗、顕本法華宗と三派合同を行い、日蓮宗を結成しました。重須本門寺は同宗七大本山のひとつとなった。現在は興統法縁の縁頭寺です。

仁王門の南2km、外神の甲州街道から参詣道が分かれている。追分の道しるべには「本門寺道 従是十五町五拾間」。道はまっすぐで、一部は草に深く埋もれて古道の趣。

昔はここに土手門、冠木門、総門、三門が建っていたが、いまは礎石が名残をとどめるのみです。

やがて左右に塔中が現れ、これを通りすぎると仁王門につく。

門をぬけると左手に法喜門、正面に二天門。法喜門の奥には客殿や大庫裏、題目杉がたち、二天門の先には本堂や開山堂、鐘楼堂などがあります。

 

重須本門寺はしばしば火災にあい、古色を帯びた建物は少ない。特に明治43年の火災では、五重塔をはじめほとんどの堂宇を失ってしまった。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA