霊山寺(りょうぜんじ)

スポンサーリンク
Pocket

 

曹洞宗 永平寺派の霊山寺「りょうぜんじ」は、通称「れいざんじ」と呼ばれています。昔は真言宗の寺院でしたが、延享5年(1748)の火災に遭って寺記を全て焼失したため、創建の年代などは不詳です。

伝説によれば、。弘治3年(1557)に宗祖の道元禅師より12世の法孫である機外永宜和尚が、伊豆国北条村の真珠院の住職であった時、当寺に招かれて中興開山となった。

このために真珠院を本寺とし、曹洞宗に改宗しました。塔頭として、光明院・西光院があったが、後者は廃寺となり、前者は平成13年大岡三明寺に移転しました。

境内にある梵鐘には、貞治3年(1364)の銘があり、県下で4番目に古いもので県指定有形文化財に昭和31年10月に指定されています。

墓地には変形宝筺印塔が4基、五輪塔が3基あり、市指定史跡に昭和45年2月指定されています。

宝筺印塔は本来「宝筺印陀羅尼経」を納めるものですが、日本では供養塔また墓塔として作られています。4基あるうちの2基には嘉元2年(1304)、正和3年(1314)の年号が刻まれ、紀年銘を有する石塔としては、県下有数の古いものです。

五輪塔は空、風、火、水、地の五大を、団、半月、三角、円、方の五輪にあて、順次積み重ねて塔としたもので、もとは舎利(仏骨)奉安のためのものであったが、後に転じて墓標となっています。

藤原末期から作られ、鎌倉時代に盛んになりました。中央の大きな五輪塔の下からは、青銅製の蔵骨器が出土しその銘によって、元享3年(1323)に亡くなった成真大徳という僧侶の墓であることが判明しました。

中世の蔵骨器は陶製のものが主でありますので、青銅製のものは珍しいです。昭和31年10月に県指定有形文化財に指定されています。墓地には、内膳堀を造った植田内膳の墓があります。

霊山寺のある香貫地区には、東本郷古墳群(6世紀末から7世紀)を始めとして弥生時代以降の遺跡が数多く分布している。霊山寺墓地東側の崖面には、横穴群が存在します

霊山寺横穴群は、伊豆半島北西部に分布する横穴の北西限を示す存在として貴重なものと評価されています。

霊山寺横穴群などは数百万年前、伊豆と本州が衝突して1つになる前に海底に堆積していた火山灰や軽石などが地層の中に見つかっています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA