井伊家40代を祀る菩提寺 龍潭寺

スポンサーリンク
Pocket

 

2017年の大河ドラマの主人公に選ばれ、注目が高まる井伊家唯一の女領主「井伊直虎(いいなおとら)」です。

女性でありながら男の名を名乗り、優れた政治手腕で井伊家受難の時代を救った人物として、今もなお語り継がれています。

そんな直虎の良き相談相手であった「南渓瑞聞(なんけいずいもん)」が和尚を務めていた寺院が、浜松市井伊谷(いいのや)にある「龍潭寺(りょうたんじ)」です。

龍潭寺には、井伊家40代を祀る菩提寺として、直虎の供養塔を初め、井伊家の墓所が祀られています。

また、国指定の名勝「龍潭寺庭園」の四季折々にうつろう風景も、大きな見どころの一つです。

静岡県浜松市の風光明媚な奥浜名湖にある龍潭寺は、行基菩薩によって733年に開創された臨済宗妙心寺派の寺院です。

永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで戦死した井伊直盛の戒名をとり「龍潭寺」と寺号が改められました。

龍潭寺は、井伊家歴代当主の御霊が眠る菩提寺であり、生前結ばれることのなかった「井伊直親」の墓と隣合って「井伊直虎」のお墓も祀られています。

また、「日本の森百選」に選ばれるほどの美しさを誇る約1万坪の境内には、緑豊かな木々が生い茂り、静寂に包まれた心休まる空間となっています。

国指定の名勝庭園をはじめ、赤地に「井」の記が描かれた籠など、井伊氏拝領の品々も収められ、江戸時代に建立されたといわれている龍潭寺伽藍 6棟(本堂、庫裏、山門、開山堂、井伊家霊屋、稲荷堂)は、貴重な文化資源として静岡県指定有形文化財に認定されています。

立派な四脚門造りの総門を仰ぎ見ながら参道に入ります。禅寺特有の大破風が美しい庫裡は、1815年に第14世住職の仲山和尚代によって建立されました。

本堂西には、開山黙宗 瑞淵和尚が祀られている朱塗り楼閣造りの開山堂があります。塔上に井伊氏の家紋と、彦根井筒が見られます。開山堂 龍の彫刻(伝左甚五郎作)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA