名勝・巨鼇山 清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)

スポンサーリンク
Pocket

 

清見寺は、巨鼇山清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)といい、臨済宗妙心寺派の寺院です。天武天皇の御世、「清見関」を守るために建てられた仏堂がその始まりといわれます。

清見関は『枕草子』にも逢坂関などと並んで挙げられ、『平家物語』にも登場する、東海道の関所です。

現在は海から離れていますが、かつては海のすぐそばで、三保の松原も見渡せたそうです。

室町時代には「五山十刹」の十刹の一つに数えられるほど栄えましたが、その後、荒廃しました。

天文8年(1539)今川義元の軍師を務めた禅僧・太原雪斎が再興し、第一世住持となりました。

1300年の歴史を刻む東海の名刹、臨済宗妙心寺派の寺院。山号は巨鼇山。奈良時代の創建。鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄しました。

その頃、徳川家康は今川氏に人質としてあったが、当寺の住職太原雪斎に師事し、当寺で勉強していました。

江戸時代には徳川氏の庇護を受けたほか、東海道の目の前にあることから、朝鮮通信使や琉球使の接待がここで行われました。

徳川家康が朝鮮と国交を回復してからは、朝鮮通信使がしばしば訪れ、ここ清見寺に滞在しました。歴代の朝鮮通信使は日本や三保の松原の景観を漢詩に詠みました。

琉球通信使も何度も来訪しました。境内奥には琉球の具志頭(ぐしちゃん)王子の墓があります。

駿河湾を望む風光明媚な高台にあり、室町時代には雪舟が、明治時代には夏目漱石や高山樗牛、島崎藤村、与謝野晶子など多くの文人詩人が訪れました。

境内は史跡、家康の指図により作られた庭園は名勝として国指定の文化財です。また、本堂の左手には、江戸時代中期に仏教の興隆を祈って彫刻された釈迦如来の御弟子の石像、五百羅漢石像が並んでいます。

明治時代に東海道本線が敷設されたことにより境内が分断されてしまいました。現在、お寺のまん前を東海道本線が走っています。

明治天皇や皇太子時代の大正天皇が海水浴に訪れた際には、ここ清見寺を御座所とされました。

清見関跡

山門から少し離れた所に清見関跡があります

「清見関をうちすぎて、富士のすそ野になりぬれば、北には青山峨々として松吹く風も索索たり。南には蒼海満々として岸打つ波も茫々たり」

咸臨丸碑

明治維新の時、徳川幕府所属の軍艦・咸臨丸は清水港において新政府軍の砲撃を受け、死者が出ました。

高山樗牛による「清見寺鐘声」の文学碑

鐘の声はわがおもいを追うて幾度かひびきぬ・・・・

臥龍梅

徳川家康公が清見関の梅を取らせて接木したと伝えられます。

梵鐘

伝説があります。昔、この地方に長者がありましたが、ある時最愛の愛娘が人さらいにあってしまいました。母親は半狂乱になり、娘をさがしまわります。流れ流れて、大津の三井寺に至りました。

ごおーーーーん。鳴り響く三井の晩鐘。「なんとまあこの鐘の音は、故郷の清見寺の鐘の音を思わせること」。「えっ、清見寺ですって」「えっ?」なんと、人さらいにあった娘が、不思議にもそこにいたのでした。「お前!」「母さま!」ひしと抱き合う母と娘。二人は鐘の導きに感謝し、再会を涙ながらに喜んだ…という伝説が伝わります。正和三年(1314)鋳造です。

名勝清見寺庭園

江戸時代初期、山本道斉による築庭と言われ、徳川家康がこの庭をことに愛し、駿府城から虎石・亀石・牛石を移してきました。

どよんと緑に濁っています。全面の白砂は銀沙灘と言われ、(銀閣寺のやつと同じですね)周囲の緑とともに美しい色彩を作っています。池の正面にあるカエルの置物が、さぞかし由緒のあるものかと思いきや・・・・住職の単なる趣味だとか。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA