曹洞宗 龍門山 石雲院

スポンサーリンク
Pocket

 

 

「石雲院(せきうんいん)」は、勝間田城主から寺領を寄進され、康正元年(1455年)に創建されました。勝間田氏の菩提寺として、また今川氏、武田氏、徳川氏と、有力な大名に庇護され、全国に800を超える末寺をもつ古刹です。

山門、総門、参道の丁石、龍門の滝の彫刻など、建築や彫刻技術に優れており、 市の指定文化財になっています。緑深い山中にあり、散策するだけで心が洗われるような境内です。

山門

龍門の滝の彫刻

 

お股木さん(おまたぎさん)
この御神木をまたいでからお参りすると、子宝に恵まれると伝えられています。

参道の丁石

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA