秋葉寺(しゅうようじ)の『火まつり』

スポンサーリンク
Pocket

 

浜松市の秋葉寺(しゅうようじ)の『火まつり』秋葉山は昔から、火防信仰を集めた霊山で、毎年12月15・16日両日には秋葉寺(しゅうようじ)と秋葉神社で火まつりが行なわれます。

秋葉山三尺坊大権現の中心的存在である秋葉寺は曹洞宗の寺です。浜名湖畔の舘山寺もここの末寺になります。

秋葉三尺坊大権現の総本山の秋葉寺は、709年(和銅2年)、行基創建の古刹です。江戸時代には伊勢参りにあわせて秋葉参りが盛んとなり、秋葉街道が開けました。

秋葉信仰は徳川家康が叶坊を越後に送り、長岡の蔵王堂三尺坊の院主を連れ帰り秋葉山に住まわせたことが創始とする説もあり、始まりは定かでありません。

三尺坊は越後の国で修行を積み、天狗のように自由に空を飛び、遠江国(現在の静岡県西部地域)の秋葉山に飛来したと伝わっています。

明治5年の修験宗廃止令で、三尺坊大権現は萬松山可睡斎(静岡県袋井市)に遷座、秋葉寺は寺領や宝物を没収され廃寺となりました。

その後、信者の強い要望で秋葉山上に明治6年、祭神を火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)とする秋葉神社として再建されたものです。

修験の作法に則り、護摩木が焚かれ、火渡りが執り行なわれます。

秋葉山本宮秋葉神社(上社)で12月16日夜半に行われる防火祭(ひぶせのまつり)では、秘伝の弓の舞・剣の舞・火の舞の三舞の神事が古式豊かに壮厳華麗に繰り広げられます。

 

3人の神職によって弓の舞、剣の舞に続いて松明を振りかざして舞う火の舞が舞殿で奉納されます。火の舞は、秋葉山本宮秋葉神社だけに伝承されたものです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA