サザンカのトンネル 天徳寺

スポンサーリンク
Pocket

 

天徳寺の創建は明徳元年(1390)、大通融士(豊後の泉福寺の僧)が開いたのが始まりとされます。

当初は深泉寺と称し、会下の段と呼ばれる山中にありましたが寛永年間(1624~44)頃、当時の島田領の代官長谷川長勝により現在地に移され、朱印地7石が徳川将軍から安堵されました。

長勝は中興の祖と呼ばれ、壮大な伽藍を造営するのと同時に治水工事にも尽力し境内を広めたとされます。

嘉永4年(1851)、山門を除く多くの堂宇、寺宝、記録などが火災により失われ、本尊は新蔵老人に運び出され難をまぬがれたとされます。

山門は江戸時代初期に建てられたもので昭和31年に静岡県指定文化財に指定されています。

山門からのびる70mの参道は、サザンカのトンネルになっています。

 

大正5年檀家の人たちがサザンカを植えたのが始まりで、サザンカの名所となるよう石橋住職が丹念に育てた結果 、高さ4メートルにもなる樹木に育ちました。

見頃となる10月下旬には、白や愛らしく艶やかなピンクの花を満開にさかせ、訪れる人々の目を和ませています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA