富士を神と崇(あが)める 山宮浅間神社

スポンサーリンク
Pocket

 

「山宮浅間神社」は、富士宮市の中心部から、通称「登山道」と呼ばれる、県道180号を15分程車を走らせた場所にあります。

富士山を遥拝(ようはい=遠く離れた所から拝むこと)するための遥拝所なのです。もともと富士山信仰は、富士を神と崇(あが)めることから始まっています。古い富士山祭祀のスタイルを残しているのが山宮浅間神社です。

富士山信仰の大神が最初に奉斎された場所です。現存する全国の浅間神社の中で一番古いのがここ、山宮浅間神社です。

神社に着くと、辺りは鬱蒼と大木に覆われ、野鳥の羽ばたく羽の音が聞こえるくらい静寂さです。鳥居から、両サイドに石灯篭がずらりと並んでいて、境内に入る前から神秘的な雰囲気があります。

鳥居から参道を進むと、大きくて立派な建物が現れます。これは本殿ではなく「籠屋」と呼ばれる建物で、昭和8年に再建されたもの、祭などを行った時、宮司さん達が一夜籠った場所と考えられています。

実際は何のために建てられたのかは分かっていないそうです。建物は、門のような形をしていて、くぐると砂利道の参道が続いています。

参道の先は50段ほどの石段があり、その上に、言わば本殿にあたる遥拝所があります。ここは約2000年前に噴火して流れ出た「青沢溶岩流」と呼ばれる溶岩の末端部といわれています。

石段をよく見てみると、小さな穴が無数に開いていて、溶岩の石が使われているのがわかります。塀で囲まれた四角い場所に、空に向かって大きく伸びた大木、地面に並べられた石など、何とも殺風景で、不思議な光景が広がっています。

噴火を繰り返す富士山を恐れて、富士山の平安を祈った「遥拝(ようはい)所」で、古い富士山信仰の形を残した貴重な神社なんです。

創建年代は、日本神話に出てくる「日本武尊」が「富士神の加護を得たので、富士神を祀った所」と言われるくらい、遥か昔からここに鎮座しています。

富士山が眺められるようになっていて、山そのものを神として拝むため建物がないそうです。

「本殿を造ろうとすると、風の神の祟りがあるので、本殿を造ってはいけない」という伝説が残されていて、昔の村人が、本殿を造ると「大風が吹いて吹き飛んだ」「大風で畑の作物も大きな被害を受けた」などの逸話が残っています。

富士山には「木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)」と言う女性の神が祀られていて、家庭円満・安産・子宝・火難除けなどの神徳があるそうです。富士山世界文化遺産の構成資産の一つになっています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA