山犬(狼)を祀る 山住神社 

スポンサーリンク
Pocket

 

「山住神社」は、山住山(1107m)山頂に鎮座し、山犬(狼)を祀る神社として有名です。山住神社からスーパー林道天竜線を南下すると秋葉神社へと通じています。

元亀3年(1572年)、武田勢に追われていた徳川家康が山住に逃げ込んだとき、山犬が一斉に吠えて武田勢を退散させたとされ、三方ケ原の戦いの後、家康より二振りの刀剣が奉納されています。

境内の樹齢1300余年の杉の巨木が見もので、静岡県指定天然記念物にも指定されて御神木となっています。神社の裏山の杉の大木も樹齢数百年といわれ、鬱蒼とした境内は神宿る聖域の荘厳さをひしひしと感じさせます。

春野町気田の町から気田川の流れをたどり、五里ほど北上すると門桁(かどげた・水窪町)という集落があり、集落のすぐ西側の稜線上に山犬で知られる山住神社がある。江戸時代には山住権現社とか熊野権現社とも呼ばれました。

山住神社は、標高1107、6メートルの山住山に鎮座し、遠州地方にある社寺のうちでは最も高い場所にある。以前は向市場からの急勾配の山道を歩いたと言われてます。

当時、狼は山間部の狭い耕地を猪や鹿から守る益獣で農作物の守り神として、奥三河一帯で山住神社の山犬信仰が浸透していました。

また境内には、樹齢1260年余の杉の大木かあり御神木となっています。神社の起こりは、和銅2年(709年)伊予の国(愛媛県)大山祇神社より移し奉ったと伝えられています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA