曹洞宗 瑞龍寺

スポンサーリンク
Pocket

 

読み方として、正しくは<ソウトウシュウ>と澄んだ読み方をするそうです。インドでお釈迦様によって開かれた仏教は、多くの弟子たちによって受け継がれてきました。

そして、インドから中国へ伝わり、中国ではお釈迦様から28代目の達磨大師が厳しい禅の修行に励まれ、禅宗としてその仏道を確立しました。

その後、達磨大師の弟子たちにより広く中国中に実践的な仏教としてその教えを定着させた。名称の由来には二つの説があります。

一つは中国の僧、六祖慧能(638~713)が曹渓(広東省曲江県)で弟子に法を伝え、慧能の法孫である良价(807~869)が洞山(江西省にある山)を拠点として禅を広めたという故事により、曹渓の「曹」と洞山の「洞」をとって曹洞とした説です。

もう一つは良价の法を嗣いだ本寂(840~901)が活躍したのが撫州(江西省臨川県)の曹山であったことから、洞山と曹山を合わせて曹洞としたという説であります。(曹洞宗大辞典より)

日本へは、道元禅師(永平寺開祖)が、はるばる中国に渡り、如浄禅師のもとで修行をし、その法を日本へ伝えたものです。

それ故、日本に於ける曹洞宗では、道元禅師を「高祖」と尊称する。そして、道元禅師から4代目の螢山禅師(総持寺開祖)が、その教えを全国に広めたので「太祖」とし、お釈迦様とこのお二方を併せて、「一仏両祖(イチブツリョウソ)」として祀っています。大本山が永平寺と総持寺と二つあるのも、このことに依ります。

瑞龍寺は、戦国時代の永禄3年(1560年)、能屋梵藝(のうおくぼんげい)和尚によって開創された曹洞宗の寺です。

能屋梵藝和尚は、現在の静岡市内の沓谷にありました「長源院」の四世・梵梅和尚(ぼんばいおしょう)の法嗣でもありました。

徳川家康公は駿府城を居城とした折、駿河七ヶ寺の住持を度々お城に集め、曹洞の法門をお聞き遊ばれました。その折、 寺領御朱印(じりょうごしゅいん)を下されたのでした。

瑞龍寺もまた、駿河七ヶ寺の一つでありましたので、徳川家康公とは深い縁に結ばれていたわけです。

豊臣秀吉公は徳川家康公と小牧長久手(ながくて)の戦いで対立し、同盟関係を築きたいと願っていました。そのため、秀吉公は、天正14年、自分の妹である旭姫(あさひひめ)を、夫の佐治日向守(さじひゅうがのかみ)を離別させ、 当時、浜松城にあった家康公に嫁がせました。

家康公が駿府城に居城を移した折、旭姫も、共に駿府城へ移りました。旭姫は、天正16年に自分の母である大政所の病気見舞いのために上洛しますが、天正18年に摂州有馬(現在の兵庫県有馬温泉あたり)で 病気のために亡くなり、京都の東福寺南明院に葬られました。四十八歳でした。

 

この後、家康公は瑞龍寺に旭姫の墓をたて、その時の法名が「瑞龍寺殿光室総旭大禅定尼」(ずいりゅうじでんこうしつそうぎょくだいぜんじょうに)でした。 その法名から、お寺の名前は瑞龍寺となりました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA