アジのたたき丼

スポンサーリンク
Pocket

 

鮮度・脂のりともに抜群!熱海名物の丼を満喫する。

海の幸と山の幸を同時に味わうことができる熱海。この地の海の幸を代表する名物のひとつが“アジのたたき丼”です。

伊豆の鯵に白味噌の特製タレがからむ絶妙な丼。鯵好きの定番です。鮮度抜群のアジの刺身をたたきにして、ご飯と一緒に食べる漁師のどんぶり料理です。脂のりが良く、プリプリとした食感のアジとご飯の相性が堪らない。

生ものが苦手という人には、出汁やお茶をかけて、刺身の表面が軽くゆでたような状態になる“アジ茶漬け”がおすすめ。どちらも熱海市内の飲食店で味わうことができます。

海鮮丼を食べる際に、人の中には、具だけを先に全て食べる、逆にご飯を先に全て食べた後に残った具材を食べる人が少なくありません。実は、丼物類では正しい食べ方ではなく、マナー違反になるのですが・・・・。

海鮮丼には、必ず醤油やタレを入れる小皿が提供されます。ここに醤油やタレをまず注ぎ入れ、その後、丼に載っているネタを順番に取り皿の醤油につけた後、もう一度丼の上に戻してご飯と一緒に食べるのがマナーです。

この方法で、ご飯に醤油やタレが浸らず、ネタにしか付着しないので醤油やタレを吸いすぎずに味が損なわれません。

わさびやしょうがなどの薬味は、醤油に溶かしてしまった時点でその辛みや風味が一気に無くなってしまいます。

わさびをつけて食べる際には、ネタを醤油につけた後、適量をネタの上に載せるのが、正しい食べ方のマナーとなるので注意しましょう。

丼のマナーに従った正しい食べ方で、絶対にしてはいけない行為があります。その中でも絶対に人前でしてはいけないのが、丼を食べる前から全て混ぜてしまう食べ方です。

せっかく綺麗に彩られた海鮮ネタの見栄えが台無しになってしまう上、それぞれのネタがもつ味わいが全て混在してしまいます。丼の味わい深さや魅力が一気に喪失してしまうので、マナー違反になるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。