静岡おでん「青葉横丁」

スポンサーリンク
Pocket

 

地元の人に「しぞーかおでん」と呼ばれる静岡おでん。静岡市葵区には「青葉横丁」というおでん街があり、はしご酒ならぬ「はしごおでん」が楽しめます。

濃口醤油と鶏ガラや牛スジでだしをとった真っ黒なスープが特徴で、鰹の削り節をかけていただく静岡おでん。

牛スジやイワシのすり身などでできた黒はんぺんなどの具は、すべて串にささっています。静岡おでんで「はんぺん」と注文すると、出てくるのは「黒はんぺん」なんです。

おでんの始まりは、串に刺した豆腐の味噌焼き。その名称は、串刺しの豆腐の姿が1本の竹馬で跳ねて踊る「田楽舞」に似ていることから、田楽→お田(おでん)となりました。

おでんは江戸の町で「屋台料理」として広まりました。焼いた豆腐に味噌をつけて食べていたものから、こんにゃくや里芋が田楽に使われるようになり、これを煮込んだ「煮込み田楽」が江戸時代末期に登場。

この「煮込み田楽」が関西に伝わると、従来の田楽と区別するため、「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれるようになりました。

おでんは江戸の町では庶民の味の屋台料理として親しまれ、一方関西に伝えられた「関東煮」は料理人の手を経て次第に発達し、現在のおでんに近い「お座敷おでん」へと形態を整えていきました。

そして、関東大震災後、関西の料理人の東京進出をきっかけに関西形態のおでん屋さんが登場し、以降急速に一般化していきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。