熱海網代 イカメンチ

スポンサーリンク
Pocket

漁師町網代の名物料理。熱々を頬張りたい懐かしい味。

熱海市網代地区は、江戸時代に「京・大阪に江戸・網代」と詠われて古くからアジ、サバ、イカなどが豊富に水揚げされる天然の良港として栄え、現在でも漁港に面した国道は「干物街道」と呼ばれています。

網代イカメンチは、網代に昔から伝わる家庭の味・母の味であり、地元で水揚げされたアジ、サバ、イカ、トビウオなどのすり身を使用し、刻んだイカや野菜と調味料を加えてつみれにした後に、揚げる、焼く、茹でるなどの方法で加熱調理した郷土料理(水産練製品)です。

家庭の味・母の味として親しまれている伝統料理“網代イカメンチ”。地元で水揚げされた鮮魚のすり身に、刻んだイカや野菜を加えてつみれにした後、火を通して食べる郷土料理です。

熱海市内の飲食店で味わえ、定食や一品料理として提供されているほか、カレーにトッピングしたり、衣をつけてメンチカツのように提供したりと、揚げる、焼く、炙るなど、調理法は様々。

おみやげ用として、家庭で手軽に調理して楽しめる冷凍のイカメンチも販売されています。「マヨネーズを少し付けてみてください」とお店の方が教えてくれた。

イカの歯ごたえがあって、初めての味わい。確かに、マヨネーズなどがよく合う。イカメンチは、漁業が盛んな網代(熱海市)のご当地グルメ。

イカを味噌などで合わせて練り上げ、油で揚げる。味里の本店は網代です。イカメンチでは元祖といわれています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA