いけんだ煮味噌

スポンサーリンク
Pocket

 

自家製味噌が味わい深い、新鮮な魚介類がたっぷり入った漁師鍋。

静岡県須崎半島の先端に位置する爪木崎の”池の段”という地名が訛って「いけんだ」。“いけんだ味噌煮”は、地元の漁師がその日にとれた魚介と海草を鍋で煮て、味噌で味付けして食べたのが始まりといわれる。

現在は須崎エリアの旅館や店、家庭でも食べられる名物料理だ。出汁は、フジツボ、カメノテなど、磯のものを入れてとり、具は伊勢エビ・サザエ・精進ガニ・磯魚など、海の幸が盛りだくさん。

豪華食材からとれた出汁の風味と磯の香り、味噌の深みが絶妙です。この料理は、地元須崎の「池の段」と呼ばれる浜で、網に掛かった魚介類と野菜やワカメを味噌で味付した鍋料理です。

江戸時代からの伝統ある郷土料理で、最初は「にみそ」と呼んでいましたが、いけんだ煮みそと命名したのが、こちらの宿なんです。

近くの「池の段」の浜辺で作ることから名付けられ、今ではこの地方で行われる祭りなどで振る舞われるほど。名前のおかげで、以前に増してポピュラーになったそうです。

鍋には、金目鯛やカニ、エビをはじめとする海の幸。白菜、しめじ、ネギなどの旬の野菜を、オリジナルの味噌で味付し、このように、ぐつぐつと煮込みます。

美味しさも栄養もばっちりの温かな鍋で、ふーふー言いながら食べるのが旨さの秘密です。

ホクホクとした身が美味しい金目鯛や、口の中でとろけるような白菜など、いろんな味を楽しめますよ。

最後に残ったスープに、うどんを投入! そうすることによって、具材から出た旨みが、ギュッと詰まったスープを余すことなく食べられ、寒い冬は体の中からポカポカに。汗が出るほど温まり、風邪予防に効果抜群です!

甘くもなく辛くもない丁度良い味加減の熟成味噌で頂けるのは、本場ならでは。名前を付けただけあって、自信に満ちた美味しさで絶品です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA