いけんだ煮みそ

スポンサーリンク
Pocket

 

静岡県下田の須崎の「池の段」と呼ばれる浜で、漁から帰った漁師が浜で作ったのがはじまり。刺し網漁でとれる魚介類と野菜やワカメを味噌で味付した浜鍋料理です。

海を航行する貨物船の様子や、海に浮かぶ島など伊豆諸島が一望できます。「恵比須島」の周辺は、シュノーケリングの拠点として賑わいをみせるほど透明度が高く、肉眼で海底まで見られるような魅惑の海が広がっています。

江戸時代からの伝統ある郷土料理で、最初は「にみそ」と呼んでいたそうです。季節の魚介と野菜を煮込んだ名物料理。もともと須崎の漁師や海女が冬場に浜辺で冷えた体を暖めるために始めたものです。

名前の由来は「池の段」の浜辺で作るという意味の「池の段煮味噌」がなまったものと言われています。今ではこの地方で行われる祭りなどで振る舞われるほどです。

下田市の須崎海岸にある「いそかぜ」と云う宿が、地元に古くから伝わる漁師鍋を「いけんだ煮みそ」と命名したそうです。鍋には、金目鯛やカニ、エビをはじめとする海の幸。白菜、しめじ、ネギなどの旬の野菜を、オリジナルの味噌で味付し、ぐつぐつと煮込みます。

美味しさも栄養もばっちりの温かな鍋で、ふーふー言いながら食べるのが旨さの秘密。ホクホクとした身が美味しい金目鯛や、口の中でとろけるような白菜など、いろんな旬の味が楽しめます。

最後に残ったスープに、うどんを投入! そうすることによって、具材から出た旨みが、ギュッと詰まったスープを余すことなく食べられ、寒い冬は体の中からポカポカに。汗が出るほど温まり、風邪予防に効果抜群です!

かつては黒船が来航した下田ですが、自慢は地元特産の伊勢海老漁でかかった鯛などの豪勢な魚と、足がとれて売り物にならない伊勢海老を入れた豪快な鍋「いげんだ煮味噌鍋」漁師はこんな贅沢な鍋を朝食に食べるというから羨ましい。

甘くもなく辛くもない丁度良い味加減の熟成味噌で頂けるのは、本場ならでは・・・・。絶品です!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。