ぷりっぷり、美味しすぎる「あじ丼」

スポンサーリンク
Pocket

 

美味しすぎる「あじ丼」は沼津市の中心からずっと南に行った伊豆の玄関口である内浦漁港で食べれます。アジは養殖のアジですが、養殖というと天然物に負けるというイメージがありますが、これだけ美味しいなら養殖だろうと関係ないと思えるアジです。

内浦漁港のアジ

内浦漁港は日本有数のマアジの養殖地として知られ、漁獲量は日本一を誇る。内浦漁港は50年も前からアジを養殖してきた歴史があります。内浦漁港はアジの養殖地としては北限に位置して水温変化や潮流が魚にとって厳しい環境ですが、その厳しい環境が身を引き締め美味しいアジが育つのだそうです。

アジの刺身となめろうの2種類が乗っていてうえにネギと生姜が盛ってあります。 ぷりぷりして弾力のある身で噛むと口の中で弾むようです。もちもちしています。弾力があるのですが、硬いというわけではなく、噛むと柔らかく溶けていくようです。

アジ丼の刺身は脂がのっているのに身はプリップリ! 臭みもまったくなく、非常に美味しいです。余談ですが、アジフライも小ぶりながら身に弾力があるので、食べ応えは抜群です。

出し汁をもらうことができるので、残したアジ丼をお茶漬けにして楽しむこともできます。何も知らずに途中まで食べてしまう人が多いです。ので、追加のネギと生姜を足して上から出し汁をかけて食べます。

あじ丼の食べ方(漁師料理です)

1.丼のたたきの部分を別皿に取り分ける
2.丼のアジの刺身は食べてしまっても・・・・。ご飯は残す。
3.取り分けたたたきとしょうが、ネギをあえて醤油をかけてネタをつくる。
出し汁をかける前によく混ぜる。
4.ネタをご飯の上にのせ、出し汁をかける、ネタが白くなったら食べごろ!

出し汁がちょっと味が薄い・・・・。お好みでアジは醤油でお好みに調節してください。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA