静岡ちらし

スポンサーリンク
Pocket

静岡が誇る新鮮魚介類をいかした新ご当地グルメ。

静岡県で活動する「静岡県すし組合」が開発した新しいご当地グルメで、県内の名産食材をふんだんに盛り込んだバラずしが“静岡ちらし”。

マグロ、桜エビ、酢〆魚をはじめ、全国的な知名度を誇るお茶、わさび(わさび漬け等を含む)といった、5つの必須食材に加え、さらにニジマス、アナゴ、ゆでエビなど、店舗の独自のアイデアによって様々な味わいが楽しめるため、食べ歩きもおすすめ。

また季節によって、その時の旬の食材が使われるため、店舗を訪れるたびに新しい味に出会えるのもおもしろい。

五つの具材を含むバラちらしずしをいいます。この他にも虹鱒、うなぎ、穴子、茹で海老などの静岡県産の具材を使って調理されたもので、季節、地域やお店により具材の種類や量は異なります。

「改元紀行」という古い紀行文をまとめたものに、享和元年(1801年)、幕府の役人が長門鮓を食べた時の感想が綴られています。

「小吉田の立場に到れば酒屋あり。小さき桶に鮓を漬けてひさぐ。長門鮓といふ。味ひよろし。」 また、ロシア使節応接掛江戸凱旋には嘉永七年(1854年)「小吉田に小休し、 桶すしのチラシの押し鮓長門鮓を食ふ。

小桶に入りて売る。鯛の切り身より種種品有りて味美なり。興津に入り午餐。鯛の名所なり・・・・・」と記されています。

「江戸時代、現在の静岡市の国吉田に作り酒屋の稲葉家があって、そこで売っていたんですが、旅人の評判になり、参勤交代の時、長門の殿様が美味しいので感心して長門鮓という名前にしろと、言ったそうです」稲葉家16代当主談です。

長門鮓の桶は直径10cm×深さ7cmとかなり小さいものから、さまざまなサイズがあり、値段も違ったようです。当時はまだ米酢がなく、白梅酢を使ったと思われます。

このように、静岡では昔から「すし」が人々のくらしを彩る食として親しまれていました。静岡の海の幸、山の幸がもたらした、幸福な出会いがそこにはあったのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。