袋井宿 たまごふわふわ

スポンサーリンク
Pocket

 

日本最古のたまご料理

実に奇妙な名前ですが、れっきとした江戸時代の名物料理で、日本最古のたまご料理で、現在の数多いたまご料理の原点となったものだ。

1813年大坂の豪商、升屋平右衛門の「仙台下向日記」には、袋井宿大田本陣で朝食の膳に載ったとされ、将軍家の饗応料理の献立にあります。

また、弥次喜多の「東海道中膝栗毛」では茶店の食事にも登場し、新撰組の「近藤勇」も大好物だったとか。

1626年に京都二条城で開かれた将軍家の饗応料理の一品にもなっていたと記録に残っており、1813年に大阪の豪商が書いた日記にも「東海道袋井宿の大田脇本陣で朝食の膳にのった」と書かれている。

当時、卵は贅沢品。将軍家の宴席や身分の高い旅行者のための宿泊施設だった本陣で提供されていたことからも分かるように、たまごふわふわは、選ばれし人だけが口にすることができた「セレブの料理」だったのだようです。

材料は、たまごとだし汁でシンプルであるが、作り方は「ふわっ」と仕上げるためにコツが必要なのだ。食感はこれまでのたまご料理に比べて、舌触りのふんわり感が違うと言われている。

たまごふわふわの材料は、出汁とたまごだけ。出汁をはった土鍋を火にかけ、沸騰したらよくかき混ぜた卵を流し込み、蓋をして蒸らす・・・文章にすると簡単そうですが、熟練の技が求められる料理です。

口の中で消えてしまうと言われるほど「ふわっ」とした食感と、出汁の美味しさが特徴。今では東西から、この「たまごふわふわ」を求めに袋井を訪れる人もいるとか。

たまごふわふわの起源は江戸時代まで遡り、東海道のど真ん中に位置する袋井宿大田本陣で朝食の膳に出されていたと言われています。

また弥次喜多の「東海道中膝栗毛」に登場し、新撰組の近藤勇の好物だったとか。江戸時代当時は高級料理として認識されていて、一握りの人しか食すことのできなかったこの「たまごふわふわ」。

現在は、袋井市観光協会の力で再現され、袋井の地元グルメとして親しまれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA