ひらんだ駅(ひらんだえき)

スポンサーリンク
Pocket

 

単式1面1線のホームを有する地上駅。
1990年(平成2年)10月2日 – 長島ダム建設に伴う新線上に開業
静岡県榛原郡川根本町犬間

漢字では「平田」(ひらんだ)と書くが、難読のため駅名は平仮名とすることとなった。待合所は奥行きの無い簡素なもの。
。国道の山側に数軒ほどの人家を見るが、駅は200mほど下った湖の畔りにある。

長島ダムによって造られた人造湖の“接岨湖”です。駅前は“奥大井接岨湖カヌー競技場”になっています。若者がカヌーを漕いでいる姿が見られます。駅が新しいだけでなく、周りの雰囲気も若々しさに溢れています。

ひらんだ駅の開業は1990(平成2)年10月2日、先の長島ダムによる路線付け替えによって誕生した新しい駅です。ダムの湖底には新駅が開業して役目を終えた“川根唐沢駅”が沈んでいます。

川根唐沢駅は、1959(昭和34)年8月1日に開業し、木材の輸送でたいそう賑わったそうです。駅とともに唐沢集落は水没しましたが、狭い山側へ貼り付いたような“ひらんだ”の集落は水没を免れました。

現在の駅からやや南方に位置してますが、異常渇水を期待するか、湖中を潜水するしか到達する手段はないようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA