井川線 沢間駅(さわまえき)

スポンサーリンク
Pocket

 

単式1面1線のホームを持つ、地上駅。 元々は対面式の交換駅でした。 昭和44年までは千頭森林鉄道(千頭営林署の森林軌道)がここで分岐し寸又峡・大間へ向かって伸びていました。その遺構が駅南側に残っています。

静岡県榛原郡川根本町千頭字沢間

1959年(昭和34年)8月1日開業

林鉄起点「0kmポスト」が置かれていた沢間集落から、最奥集落の大間集落(寸又峡温泉)までの区間の大部分は、昭和44年の森林鉄道廃止と前後して車道林道化の工事が進められ、昭和43~45年の3カ年で全長11,316mの「寸又右岸林道」に置き換えられています。

現在の大井川鐵道井川線の沢間駅は旅客専用の小さな無人駅ですが、その起源は昭和6年に大間まで開通した寸又川専用軌道の起点です。

鉄路はここで行き止まりで、千頭方面との物資のやり取りは、奥沢間~地名(ぢな)~藤枝(滝沢)を当時結んでいた川根電力索道が請け負っていた。

昭和8年には大井川電力株式会社によって、大井川鐵道千頭駅とこの沢間駅を結ぶ大井川専用軌道(3km)が開通した。川根電力索道の利用は中止され(後に廃止)、寸又川専用軌道の物資は積み替え無しで千頭方面へ運ばれるようになった。

大井川専用軌道は昭和10年に奥泉堰堤(現在の大井川ダム)まで延伸されたために、沢間は2つの電力会社専用軌道の分岐駅となりました。

川根電力索道は後に千頭森林鉄道となり、大井川専用軌道は中部電力専用鉄道を経て、現在まで大井川鐵道井川線として存続しています。

駅前に商店も駐車場も無ければ、バス停も自動販売機も公衆電話も、何もない。レールと駅舎が見えますが、実は恐ろしく背丈の低いホームもがあり、いかにも「井川線」らしい姿の駅である。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA