網代温泉 平鶴

スポンサーリンク
Pocket

 

網代温泉は静岡県熱海市にあり、別名「南熱海温泉」と呼ばれています。熱海温泉に比べ、のどかな風情を残す温泉地です。江戸時代から漁師町として栄え、海沿いには干物屋が多く立ち並ぶ「干物銀座」があります。新鮮な海の幸と良質の温泉を堪能できます。

漁港と干物で知られる素朴な温泉地・網代温泉にあって、磯料理と源泉100%掛け流しの温泉が楽しめる「平鶴」。熱海市は、静岡県の最東端、伊豆半島東側の付け根に位置し、年間宿泊客数が300万人を数える日本有数の温泉観光都市です。

温暖な気候と海や山などの自然に恵まれた地でもある。バブル崩壊まで、熱海市は「東の熱海」「西の別府」とうたわれ、姉妹都市の提携をしている別府市とともに我が国を代表する温泉観光地として賑わっています。

東京から新幹線で35~50分、東海道線でも100分程度で到達できることもあって、「東京の奥座敷」としてもてはやされ、企業・公共機関などが主催する団体・慰安旅行を多数受け入れていた。

熱海市の市域には、熱海温泉のほかに伊豆山・湯河原・網代・多賀の4つの温泉地があります。網代温泉は、網代漁港・国道135号線沿いにあり、熱海温泉と伊東温泉とは対照的に、小さくて素朴な温泉地です。

空に浮かぶ貸切露天風呂“潮彩”(しおさい)。熱海を一望できる最高のロケーションに、広々とした湯船が自慢です。
熱海温泉・網代温泉の中でも透明度と温泉成分の濃さでは随一の源泉かけ流しです。

貸切ならではの落ち着いた空間で、贅沢な時間を満喫できます。熱海・湯河原を一望でき、肌が美しくなる天然温泉掛け流しの湯。日帰りの入浴もできます。

湯量が豊富なため、源泉掛け流しの旅館が多いのが特徴です。また、漁港から獲りたての海の幸を贅沢に味わえるのもいい、露天風呂からの景色もすばらしいです。夜は海がほとんど見えませんが、温泉につかりながら見る澄んだ星空がほんとうに綺麗でした。

南熱海温泉おすすめ宿

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA