日本三代古泉・走り湯

スポンサーリンク
Pocket

 

静岡県にある熱海温泉と言えば日本でも有数の温泉地ですが、熱海市伊豆山には源頼朝も入浴したと言われる「横穴式の源泉」があるのをご存知でしょうか?

相模の海に臨む「走り湯」は、日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三代古泉の一つです。今から約1300年前に発見され、山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から 「走り湯」と名づけられました。

伊豆山温泉の「走り湯」は、720年頃に修験道の行者である役小角(えんのおづぬ)により発見されされたと言われる歴史のある温泉です。

鎌倉時代の正史「吾妻鏡」には、愛媛の道後温泉・兵庫の有馬温泉と共に、日本三大古泉として紹介されています

この源泉は、山腹から滝のように海へ流れ出ていたと伝えられ、日本でも珍しい横穴式の源泉です。

なぜ横穴式で噴出したかは解っていませんが、海岸で浸食された岩肌が、温泉を噴き出したのではと考えられているようです。

この洞窟内の源泉は、まるで地球の内部を覗いているような景観を見せてくれます。穴場スポットと言えるのでは・・・・。

洞窟内には自由に入れますが、高さが1m50cmほどで、大人は少しかがんだ状態で歩く事になります。

しかも湯けむりで先が見えない!少しかがむと、足元は見えるので、ゆっくりですが歩けます。洞窟の中ほどでは、源泉の湯気の温かさで、まるで温泉サウナ状態です。

右手には源泉用の側溝があり、70度程の温泉水が流れています。温泉の成分で岩が変色して、異様な雰囲気を感じます。奥に進むと、幻想的な空間が目に入ります。

岩の中を覗くと池からボコボコと音を出して源泉が吹きあげています。昔は湯量も多く洞窟を通って滝のように海へ落ちていたのですから、本当に驚きです。

走り湯の入り口から20メートルほどの場所に源泉を引き込んだ展望台のような足湯があります。3人ほどしか入れない小さな足湯ですが、見晴らしは最高です。

 

走り湯オススメ宿

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA