大滝・七滝温泉「大家荘」

スポンサーリンク
Pocket

 

大滝・七滝 (おおだる・ななだる) 温泉は川端康成の小説「伊豆の踊り子」ゆかりの天城に湧く温泉地です。「大家荘」は素朴な風情がある温泉旅館です。

4つのお風呂があり、お風呂は全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

大家荘のお湯は無色透明でいいお天気の日はお湯が冷たくなり、雨など天気が悪いとお湯の温度が上がるというとっても面白いお湯だそうです。

脱衣所は男女別っていうか、内風呂から露天に出る形です。出るといっても、男からは窓をまたいで出ると言うのがホントの出方かな(笑)女性は、この露天に来る時は扉を開けてくる形で、少しわかりづらいようでした。

大家荘の混浴露天風呂は2つあります。女性専用露天風呂から鍵付きの木の扉から混浴露天風呂に入るシステムです(男性側からは入れないようになっています)。

最初の混浴露天風呂は7~8人ほど入れる岩風呂。2つめの混浴露天風呂へはこれまた木の扉で仕切られています。2つめの混浴露天風呂は小さく、他にお客さんが入っていたら入れないくらいだそう。こちらの混浴露天風呂は川沿いにあって、渓流のせせらぎを聞きながら入浴できます。

大滝・七滝温泉「大家荘」

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA