谷津温泉 「薬師の湯」

スポンサーリンク
Pocket

 

約1500年前に行基によると伝わる開湯伝説の伊豆屈指の古湯「谷津温泉」。河津町の峰温泉や谷津温泉は敷居の高い旅館が大きので知られてますが、庶民の湯・・・・。河津駅付近の路傍に自噴泉を持つ「薬師の湯」があります。

河津の峰温泉から小道に逸れて細い道を谷戸の奥へと進んでいったところに、奥まった立地故に少々わかりにくいですが、立て看板や電信柱の広告頼りに行くと大丈夫だとと思います。

民宿兼日帰り入浴施設のようですが、施設内には大きなプールがあり、はスキューバ用のボンベが並べられていました。ダイビングの練習に使うんでしょうか。

おどろいたのは、プールの中は全て温泉なんだとか・・・・。館内は店番をしているおばさん以外は誰もいませんでした。温泉入浴の他に、岩盤浴施設がありました。入浴のみの利用も可能でした。

シューシューと音を立てながら勢い良く蒸気を吹き上げるこの源泉井と櫓、間近で見ると迫力があります。。蒸気のみならずお湯もボコボコと湧き出てます。我を忘れて夢中に・・・・。

源泉が浴室へ引かれ岩盤浴で利用しているようです。若い女性からかなり人気を集めましたが・・・・。、
岩盤浴場は綺麗です。

岩盤浴場は男女兼用ですが、女性専用ルームもあるようです。窓から外の光が・・・・玉砂利から伝わってくる熱はやはりすごい。体の芯までしっかり温まります。気持ち爽快。全身汗だくになったところで、ザブンですなあ。

浴室の脱衣室も簡素な構成で、とても清潔です。ロッカーは脱衣所内にはありません。岩盤浴側にあります。内湯は、浴槽がひとつ、その手前の洗い場にはシャワー付き混合栓4基設置されています。

浴槽左脇のドアから屋外の露天へ向かうようになっています。湧出温度がなんと100℃という、熱湯を源泉櫓から浴槽へ投入しているため、湯口から注がれるお湯は超高温です。

湯口を観察すると、部分的に冷たい箇所もあったので、源泉投入量を絞って加水しているようですが、それでも結構熱い・・・・。

湯口内部の配管や周囲の石には、石膏のトゲトゲ析出がビッシリ付着しています。お湯は無色澄明、よく見ると微細な白い浮遊物があります。

泉質は塩化ナトリウムが含まれていますが、味に塩気は無く、硫酸塩泉的な味と匂いで、湯中の肌も青白く見えました。スベスベとした滑らかな肌触り、硫酸塩泉的なキュキュが混在。熱いので、ちょっと浸かるだけですぐに、ぐったり。

浴感がいい、入ったり出たりを何度も繰り返してしまいました。

露天はあまり開放感はないものの、塀の手前に潅木類があり、小さな庭になってます。露天岩風呂は5人サイズで、こちらの浴槽の縁にもちゃんと白い石膏が付着していますね。

伊豆らしい無色透明の硫酸塩泉ですが、お湯の元々の泉質に鮮度の良さですか、湯上りは、体の芯から温まります。
スッキリサッパリした爽快感もあり、優れたお湯であることは実感できましたが、料金設定も、いかにも伊豆らしい高値でありました・・・・。

谷津温泉おすすめ宿

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA