湯ヶ野温泉「湯本楼」

スポンサーリンク
Pocket

 

「湯本楼」は川端康成の小説、「伊豆の踊り子」の舞台となった温泉地、湯ヶ野温泉 (ゆがのおんせん) にある文豪に愛された文学旅館です。湯本楼がある湯ヶ野温泉は細い川沿いの道に無料で利用できる足湯、「踊り子の足湯」があります。

この足湯のすぐ先にある橋を渡ると伊豆の踊子の舞台となった宿で有名な『福田家』があります。もちろん今でも営業されていて評判の高いお宿のひとつです。

橋を戻って川沿いの細道を進むと・・・・地元の人だけが利用できる伊豆の踊り子も入ったという共同浴場「湯ヶ野区共同浴場」があります。

共同浴場のすぐお隣に本館があります。宿泊のお客さんが優先なので、事前にお電話でご確認ください。

混浴のお風呂場は本館の玄関を入ってすぐ右にあります。ちなみに玄関入って左側はこんな感じで木の温もりがある館内です。風呂場の戸を開けるとすぐ左に2人が着替えられるくらいの男女共用の脱衣スペースがあります。

混浴ですが、女性やカップルの場合は女将さんが「鍵かけていいよ」と言ってくださり、貸切風呂にできるそうです。脱衣スペースから階段を降りると・・・・文豪島崎藤村や蒲原有明も利用した歴史あるお風呂です。

3~4人サイズの檜風呂です。湯船の奥から誰かが井戸水をキコキコしてくれているんじゃないかと思うほど不定期な量で、無色透明のお湯が注がれていました。

このうえなく適温、少しとろみのあるとっても優しいお湯質です。景観はありませんがとっても落ち着く空間で、ず~っとこのお湯に浸かっていたかったです。

別館に入って左に直進、狭い下り階段を降りると 貸切風呂の入口があります。コンクリートでできた幅の狭い空間です。天井も低めで洞窟のような岩風呂ですが、窓があるので明るさはあります。

窓のすぐ外には川が流れ、窓を開けると川のせせらぎが聞こえます。2人用ほどの小さな岩風呂で、深さは結構ありそうです。

別館の源泉は本館と違うそうですが、こちらも無色透明で適温でつるつるお肌になるそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA