日本五大桜の「狩宿の下馬桜(駒止の桜)」

スポンサーリンク
Pocket

 

狩宿の下馬ザクラは大きな一本の木。1193年に源頼朝が富士の巻狩りを行った際、井出家の門前の桜に馬をつないだことから、「狩宿の下馬ザクラ」と呼ばれるようになったと伝わっています。「駒止めの桜」と呼ばれることもあります。

種類はアカメノシロバナヤマザクラで、例年4月中旬に薄紅色の若葉と共に美しい白花を咲かせます。昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。

「日本五大桜」 大正11年(1922年)に国が指定した天然記念物のなかの5本の桜でいずれも樹齢800~2千年程度。狩宿の下馬桜は後に特別天然記念物に格上げされているとのこと。

「日本五大桜」とは

埼玉県北本市 石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)
福島県田村郡三春町 三春滝桜(みはるたきざくら)
山梨県北杜市 山高神代桜(やまたかじんだいざくら)
静岡県富士宮市 狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)
岐阜県本巣市 根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)

井出家高麗門と両側の長屋の案内。

下馬桜の傍には小川があり、菜の花と共に水があると爽やかです。樹高35m、幹回り8.5mの巨木であったそうですが、度重なる台風の被害により一時は樹勢が衰えてしまいました。

しかし、地元の懸命な取組みもあって、近年は若芽の成長によって樹勢を盛り返してきています。「狩宿の下馬桜」にゆかりのあるのは源頼朝公だけではありません。

江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜公もその一人。この桜について「あはれその 駒のみならず 見るひとの 心をつなぐ 山桜かな」と詠んだそうです。

下馬桜とあわせ、もう一つのお楽しみは菜の花畑です。地元では、周辺の田に菜の花を植栽し景観づくりに努めており、菜の花と狩宿の下馬桜の共演が楽しめます。

その景観に更なる趣を加えているのは、井出家の「高麗門」です。これは源頼朝公が富士の巻狩りの際、本陣とした井出家のものです。

井出家は鎌倉時代から続く名家で、当時の建物は江戸時代中期に火災により焼失しました。現存する井出館は江戸時代中期の上層農家の貴重な歴史的建造物で、「井出家高麗門及び長屋」として富士宮市の文化財に指定されています。

富士山のお膝元である富士宮市といえば、やはり富士山は外せないです。天候に恵まれれば、下馬桜・菜の花・富士山の共演が楽しめます。春限定の3つの美を堪能できます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA