静岡市立登呂博物館・登呂遺跡

スポンサーリンク
Pocket

 

静岡市の代表的な遺跡観光スポットである登呂遺跡です。弥生時代の特長とも言える水田地帯の遺跡と、高床式倉庫の遺跡を目の当たりにすることができます。

登呂遺跡と隣接するのが、静岡市立登呂博物館です。静岡市立登呂遺跡に関するさまざまな歴史的遺物の展示しています。

遺跡は、戦時中の1943年(昭和18年)、軍事工場建設の際発見された。水田跡や井戸の跡、竪穴式住居(正確には竪穴系平地式住居)・高床式倉庫の遺構が検出された。

この他にも、農耕や狩猟、漁労のための木製道具や火起こしの道具、占いに用いた骨などが出土しました。

また、1999年(平成11年)から5カ年計画で再発掘調査が行われ、新たに銅釧や漆が塗られた槽づくりの琴、祭殿跡などが出土しています。

登呂遺跡は、安倍川の分流の洪水時に押し流された土砂が堆積し、自然に形成された堤防の上に造られています。
 
村は、北東から南西の方向に広がる微高地を利用して住居12棟、高床倉庫2棟が建っており、水田は、その南につくられています。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA