文福茶釜のある吐月峰 柴屋寺

Pocket

 

柴屋寺は、1504年に京都の銀閣寺を模して建立された臨済宗妙心寺派の寺院です。

「ぶんぶく茶釜物語」は、群馬県館林市にある茂林寺の「分福茶釜」伝説が有名ですが、ここ柴屋寺の「文福茶釜」は静岡市伝説です。
漢字体は、茂林寺⇒「分福茶釜」、柴屋寺⇒「文福茶釜」と異なります。

柴屋寺の正式名称は、「天柱山吐月峰柴屋寺」で国指定の名勝及史蹟庭園です。

柴屋寺は、今川家・第六代当主の義忠公と第七代当主の氏親公に仕えた連歌師の宗長が草庵を結び余生を送ったところです。

室町時代から戦国時代にかけて、応仁の乱の戦火を逃れて京から多くの公家や文化人が駿府へ居を移し、「東(国)の京」または「東(国)の都」とも呼ばれ「京文化」が栄えました。後の「東京」のいわれではないのか…?

駿府(現静岡市)は、今川氏が統治していましたが、当時は都から京文化が導入され、風雅な茶道、華道、連歌など今川文化が流行りました。

この柴屋寺には、足利義政公がお茶を点てる際に用いた「文福茶釜」が所蔵されています。

この寺の所蔵する主な寺宝。(文化財に指定)
1.後水尾天皇御親筆の短冊
2.芦屋釜…文福茶釜(足利義政公より賜るもの)
3.柿本人麻呂像および一節切の笛(頓阿法師作)
4.一休さんが托鉢の際、使用した鉄釜
5.今川氏親公の真筆扁額
6.宗長法師の真筆

 

パワースポット名瀑 白糸の滝

Pocket

 

 白糸の滝はココがすごい

白糸の滝は昭和25年観光百選滝の部で1位に選ばれ国の名勝及び天然記念物にもなった名瀑です。

湾曲した岩壁は高さ20m幅200mもの大スケールで幅は日本で最大です。白糸の滝の全面からは幾筋もの水が流れ落ちそれが白い絹糸のようにな印象を受ける美しい滝です。

岩壁から流れ出ている湧水のほとんどが富士山の伏流水で水量は毎秒1.5トンにもなり、白糸の滝の前まで行くと滝からの風に乗って、気持ちのいい水しぶきが体に吹いてきます。

美しい滝&滝の音に呑まれると時間の感覚が次第に無くなり体も頭もスッキリします、白糸の滝の他にも音止めの滝があり、こちらも高さ25メートルと見ごたえのある滝です。

豪快に流れ落ちる、この滝は高さ25mから瀑音を響かせて落下する音止めの滝です。音止の滝は、見る位置によって音の大きさに違いがあります。

その昔、曾我兄弟の父の仇の工藤祐経を討つ相談をしていた際、滝の音で声がさえぎられたため、 しばし念じたところ滝の音が止んだという伝説が残されているそうです。

音止めの滝から売店通りの緩い坂を下って行くと展望台があります。 こちらの展望台までは、車イスでも問題なく来ることができます。 白糸の滝まで、まだ少し距離はあるのですがスケールの大きさを十分に感じることができます。

売店通りからは、このような階段を使って滝壺まで下っていきます。 写真ではキツイ階段の様に写っていますが、実際はそれほど長くも辛くもない階段です。 しっかりとした手スリも付いているので、階段が心配な人でもゆっくりと登り降りをすれば大丈夫だと思います。

白糸の滝壺から流れる川は流れが速く水量も多いです。富士山の伏流水だけあって、流れる水はかなりの冷たさです。

滝を目の前にすると、涼しくて気持ちが良いですが、長居を考えている人は、体が冷えるので服装の工夫があったほうが良いと思います。

白糸の滝は左に太い滝があり、その右に幾筋もの湧水が岩から染み出し広がっています。白糸の滝で写真を撮るとフラッシュが水しぶきに反射して神秘的な・・・・

白糸の滝は単なる滝として訪れる人以外にも、パワースポットとしても訪れる人も案外多いです。実際に白糸の滝を前にすると、頭も体もリフレッシュできます。

 

防空豪・五右衛門風呂 伊東温泉「大東館」

Pocket

 

伊東温泉「大東館」は、JR伊東駅から徒歩で10分ほどの場所。大東館は「伊豆の奥座敷」と呼ばれ、古くから温泉地として栄えてきた伊東市にあります。

“防空豪・五右衛門風呂 伊東温泉「大東館」” の続きを読む

大井川鐵道 紅葉スポット

Pocket

 

大井川沿いの紅葉は、例年10月中旬以後に標高の高い南アルプス側から始まります。そこから南側に山を下った井川線沿線では11月上旬~中旬、千頭駅以南は11月中旬から12月中旬にかけて紅葉が観れます。

※上記の表は例年の見ごろ予想です。 その年の気温等により前後いたします。

南アルプスあぷとライン

アプトいちしろ付近

湖上駅付近

 

寸又峡温泉 夢の吊り橋付近

長島ダム付近

 

 

名勝・巨鼇山 清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)

Pocket

 

清見寺は、巨鼇山清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)といい、臨済宗妙心寺派の寺院です。天武天皇の御世、「清見関」を守るために建てられた仏堂がその始まりといわれます。

清見関は『枕草子』にも逢坂関などと並んで挙げられ、『平家物語』にも登場する、東海道の関所です。

“名勝・巨鼇山 清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)” の続きを読む